お知らせ[学生]_大赢家比分即时比 /whatsnew/news_gakusei daily 1 2018/03/15 15:50:14.754554 GMT+9 令和2年度秋季卒業式?修了式を挙行しました_大赢家比分即时比 /whatsnew/koho/2020/20200928 <![CDATA[<p> 令和2年<span>9</span>月<span>25</span>日、令和2年度熊本大学秋季卒業式?大学院秋季修了式が工学部百周年記念館で行われました。</p>&#13; <p> 本年度は学士5名、修士22<span/>名、博士<span>18</span>名の合計<span>45</span>名が卒業?修了し、それぞれ新たなステージへの一歩を踏み出しました。</p>&#13; <p> 出席者への学位記授与に続き、原田信志学長から祝いの言葉が述べられるとともに、「本学の学生として卒業?修了されたことに自信と誇りを持っていただきたい?と、はなむけの言葉が贈られました。</p>&#13; <p> なお今回の式典は、大赢家比分即时比感染防止のため、参加者全員がマスクを着用し、間隔を空けて行われました。</p>&#13; <p/>&#13; <p/>&#13; <p>?? <img src="/whatsnew/koho/koho_file/2020/20200925-1/@@images/5d9d787a-f91d-4a3c-b84b-f1b023aad40b.jpeg" title="20200925-1.jpg" height="206" width="312" alt="20200925-1.jpg" class="image-inline"/>    <img src="/whatsnew/koho/koho_file/2020/20200925-2/@@images/ceae4cd4-5bb5-4bb5-a5ee-23c58b7803f3.jpeg" title="20200925-2.jpg" height="206" width="314" alt="20200925-2.jpg" class="image-inline"/>   </p>&#13; <p/>&#13; <p> <img src="/whatsnew/koho/koho_file/2020/20200925-3/@@images/b708dafd-d1e4-401c-94e7-cb9567f2ea09.jpeg" title="20200925-3.jpg" height="208" width="308" alt="20200925-3.jpg" class="image-inline"/>    <img src="/whatsnew/koho/koho_file/2020/20200925-4/@@images/a13611c8-98b1-4b0e-8511-0cdd4b969215.jpeg" title="20200925-4.jpg" height="205" width="313" alt="20200925-4.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <p>   </p>&#13; <p>   </p>&#13; <p/>&#13; <p><br/><br/></p>]]> No publisher 学生 2020/09/28 08:30:00 GMT+9 ページ 令和2(2020)年度経過措置による後期分授業料免除について_大赢家比分即时比 /daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/jugyoryo_menjo/yv1w5r-1 <![CDATA[<p><strong> <span class="marker fontL"> ■はじめに </span></strong></p>&#13; <p><strong>  </strong>令和2(<span>2020</span>)年度から「高等教育の修学支援新制度」(以下「新制度」という。)が始まったことに伴い、これまで大学独自に行っていた授業料免除制度は、新制度に移行しました。</p>&#13; <p>  <u>令和2(<span>2020</span>)年度に入学した学部の新入生(留学生を除く)及び編入生については、原則として新制度のみの適用となります。</u></p>&#13; <p><strong> <span class="marker fontL"> ■令和元年度に授業料免除申請をした学部学生に対する経過措置について </span></strong></p>&#13; <p>  本学では、次のA~Cすべての条件を満たす者に対して、経過措置による大学独自の授業料免除を実施します。</p>&#13; <p><strong> <span class="marker fontL"> ■令和2年度後期分経過措置による熊本大学独自の授業料免除の対象者について </span></strong></p>&#13; <p>  A.令和元年度(前期または後期)に授業料免除の申請を行った者であること。</p>&#13; <p>  B.令和2年度に修学支援新制度の「給付奨学生」に採用された人</p>&#13; <p>  C.令和2年9月に実施された日本学生支援機構の支援区分の見直しの結果、令和2年10月から支援区分が「Ⅰ」以外になった人</p>&#13; <p> <span class="fontcolor1">【注】支援区分見直し前の令和2年7月29日~8月4日に、既に大学独自の授業料免除申請書類を提出した人は、今回改めて申請書類を提出する必要はありません。</span></p>&#13; <p><strong>        <a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/jugyoryo_menjo/2020ato-keika-nagarezu.pdf"><span class="fontcolor2">経過措置の対象となる学部学生の授業料免除申請の流れ図<u>(PDFファイル)</u></span></a></strong></p>&#13; <p> (注)上記に該当していても、次のいずれかに該当する場合は、対象となりません。</p>&#13; <p>  ?出願しようとする学期分の授業料を納入済の者</p>&#13; <p>  ?病気、留学等の特別の理由がなく、留年している者</p>&#13; <p>  ?病気、留学等の特別の理由がなく、最短修業年限を超えている者</p>&#13; <p>  ?申請に係る学期の開始前6ヶ月以内に懲戒処分を受けた者及び処分中の者</p>&#13; <h3><strong>1.授業料免除申請の手続き等について </strong></h3>&#13; <p> (1)令和元年度(前期または後期)に熊本大学独自の授業料免除申請をした人で、令和2年9月に実施した日本学生支援機構による給付奨学生の支援区分(免除額)の見直しの結果、見直し後の支援区分が「Ⅰ」以外となった場合、あらためて熊本大学独自の授業料免除申請書を提出し、審査を受けることにより、経過措置(大学独自の免除)を受けられる場合があります。申請の対象となる具体例は、授業料免除申請のしおりの5ページをご覧ください。</p>&#13; <p>    <span class="fontcolor1">※ただし、<u>見直し後の支援区分が「Ⅰ」の人は除きます。</u></span></p>&#13; <p> (2)経過措置を受けることを希望する人は、必ず熊本大学独自の授業料免除申請書及び授業料免除申請のしおりの5ページ以降に記載している申請に必要な書類を提出してください。<u>経過措置による免除を希望しない場合は、提出は不要です。</u></p>&#13; <p> (3)<u>申請書の受付期間は、令和2年9月17日(木)~10月8日(木)です。</u>詳しくは、授業料免除申請のしおりの1ページをご覧ください。</p>&#13; <h3><strong>2.大学独自の授業料免除申請に必要な書類 </strong></h3>&#13; <p>?  申請に必要な書類は、各自で下記ファイルをダウンロードして必要事項を記入のうえ、提出してください。</p>&#13; <p>  (1)<strong>授業料免除申請のしおり</strong><strong> </strong></p>&#13; <p>    ?免除申請のしおりは こちら <a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/jugyoryo_menjo/2020ato-keika-shiori.pdf"><u>(<span>PDF</span>ファイル)</u>(</a>全<span>14</span>ページ)</p>&#13; <p>  (2)<strong>授業料免除申請書</strong>(A4サイズ 全3ページあり)</p>&#13; <p>     ?申請書様式は こちら   <a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/jugyoryo_menjo/2020ato-keika-shinseisho.pdf"><u>(<span>PDF</span>ファイル)</u></a></p>&#13; <p>    【注】<u>申請書は、必ず全ページの左上をホチキス留めして提出してください。</u></p>&#13; <p>  (3)申請書に添付する<strong>添付書類(様式)</strong> </p>&#13; <p>    ※様式1~14を一括ダウンロードする場合は こちら<a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/jugyoryo_menjo/2020ato-keika-yoshiki.pdf"><u>(<span>PDF</span>ファイル)</u></a></p>&#13; <p>    (様式1)授業料免除連絡票    <a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/jugyoryo_menjo/2020ato-keika-yoshiki1.pdf"> <u>(<span>PDF</span>ファイル)</u></a></p>&#13; <p>    (様式2)アルバイト収入状況申立書 <a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/jugyoryo_menjo/yo-siki-2"><u>(<span>PDF</span>ファイル)</u></a></p>&#13; <p>    (様式3)奨学金受給状況申告書  <a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/jugyoryo_menjo/yo-siki-3"> <u>(<span>PDF</span>ファイル)</u></a></p>&#13; <p>    (様式4)源泉徴収票等貼付台紙   <a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/jugyoryo_menjo/yo-siki-4"><u>(<span>PDF</span>ファイル)</u></a></p>&#13; <p>    (様式5)給与支給(見込)証明書  <a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/jugyoryo_menjo/yo-siki-5"><u>(<span>PDF</span>ファイル)</u></a></p>&#13; <p>    (様式6)退職及び退職金支給証明書 <a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/jugyoryo_menjo/yo-siki-6"><u>(<span>PDF</span>ファイル)</u></a></p>&#13; <p>    (様式7)在学状況及び授業料免除状況証明書<a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/jugyoryo_menjo/2020ato-yousiki-7.pdf"><u>(<span>PDF</span>ファイル)</u></a></p>&#13; <p>    (様式8)申立書          <a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/jugyoryo_menjo/yo-siki-8"><u>(<span>PDF</span>ファイル)</u></a></p>&#13; <p>    (様式8の2)就労に関する申立書  <a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/jugyoryo_menjo/2020ato-yousiki-8-2.pdf"><u>(<span>PDF</span>ファイル)</u></a></p>&#13; <p>    (様式9)母子?父子世帯申立書   <a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/jugyoryo_menjo/yo-siki-9"><u>(<span>PDF</span>ファイル)</u></a></p>&#13; <p>    (様式<span>10</span>)独立生計者申立書     <a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/jugyoryo_menjo/yo-siki10"><u>(<span>PDF</span>ファイル)</u></a></p>&#13; <p>    (様式<span>11</span>)長期療養証明書     <a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/jugyoryo_menjo/2020ato-yousiki-11.pdf"> <u>(<span>PDF</span>ファイル)</u></a></p>&#13; <p>    (様式<span>12</span>)単身赴任証明書? <span>    ? ??? </span><a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/jugyoryo_menjo/yo-siki12"><u>(<span>PDF</span>ファイル)</u></a></p>&#13; <p>    (様式<span>13</span>)主たる家計支持者の別居(単身赴任等)に係る支出状況申立書 <a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/jugyoryo_menjo/2020ato-keika-yoshiki13.pdf"><u>(<span>PDF</span>ファイル)</u></a></p>&#13; <p>    (様式<span>14</span>)年金受給状況申立書   <a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/jugyoryo_menjo/yo-siki14"> <u>(<span>PDF</span>ファイル)</u></a></p>&#13; <h3><strong>3.選考方法について </strong></h3>&#13; <p> <strong> <a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/jugyoryo_menjo/2020-gakuryoku-kijyun"><span class="fontcolor2">学力基準<u>(PDFファイル)</u></span></a></strong>を満たした者について、<strong><a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/jugyoryo_menjo/kakei-kijyun"><span class="fontcolor2">家計基準<u>(PDFファイル)</u></span></a></strong>により免除者が決定されます。ただし、予算の範囲内で免除されますので、基準内であっても免除とならないことがあります。</p>&#13; <h3><strong>4.選考結果について </strong></h3>&#13; <p>  経過措置による授業料免除の結果は、令和2年12月下旬頃(予定)にSOSEKIに掲載します。</p>]]> No publisher 学生 2020/09/16 11:46:56.506983 GMT+9 ページ 令和2年7月豪雨被災地での学生ボランティア活動について_大赢家比分即时比 /kenkyuu_sangakurenkei/sangakurenkei/kico/news_event/news/20200901-news-hitoyoshi-va <![CDATA[<p>熊本創生推進機構地域連携部門では、熊本地震被災地へのボランティア活動の経験を活かし、7月21日(日)より不定期で令和2年7月豪雨の被災地である人吉市、球磨村、芦北町等で学生によるボランティア活動を実施しています。(7月のべ16名、8月のべ51名)地域連携部門の教員の引率により、以前から交流があった球磨焼酎酒造組合の被災店舗の片付けや、球磨村の住民が避難された旧多良木高校での避難所運営の支援活動、各ボランティアセンターを通じて個人宅の泥のかき出し?片付け等の活動を行ってきました。<br/>今回はコロナ禍での活動であるため、事前のPCR検査を必須とし、感染症を含む災害ボランティアの事前講習会(e-ラーニング)を受講した上で、感染防止に十分注意して活動を行い、活動後の体調報告も実施しています。<br/>その他、学内に古タオル等の支援物資の提供を呼びかけ(現在は終了)集まった物資の仕分けや、現地ボランティアで使用した物品の洗浄、マスク作成等の後方支援のボランティア活動も行っています。<br/>地域連携部門では、今後も被災地に対して息の長いボランティア活動を行っていく予定です。<br/><br/>※本機構のボランティア活動については、<a href="http://gakuvo.jp/" target="_blank" rel="noopener noreferrer">日本財団学生ボランティアセンター(Gakuvo)</a>と連携協定を締結し、Gakuvoとの連携により実施しています。</p>&#13; <p/>&#13; <div class="left" style="text-align: center;"/>&#13; <div class="right" style="text-align: center;"/>&#13; <p style="text-align: center;">?<img src="/kenkyuu_sangakurenkei/sangakurenkei/kico/news_event/news/news_file/20200901-kumamura.jpg/@@images/6aa612ad-f19c-441d-acd8-c449249ab8d4.jpeg" title="&#x4EE4;&#x548C;2&#x5E74;7&#x6708;&#x8C6A;&#x96E8;&#x88AB;&#x707D;&#x5730;&#x3067;&#x306E;&#x5B66;&#x751F;&#x30DC;&#x30E9;&#x30F3;&#x30C6;&#x30A3;&#x30A2;&#x6D3B;&#x52D5;&#x5199;&#x771F;&#x2460;" alt="&#x4EE4;&#x548C;2&#x5E74;7&#x6708;&#x8C6A;&#x96E8;&#x88AB;&#x707D;&#x5730;&#x3067;&#x306E;&#x5B66;&#x751F;&#x30DC;&#x30E9;&#x30F3;&#x30C6;&#x30A3;&#x30A2;&#x6D3B;&#x52D5;&#x5199;&#x771F;&#x2460;" class="image-inline"/><br/>?</p>&#13; <p style="text-align: center;"><img src="/kenkyuu_sangakurenkei/sangakurenkei/kico/news_event/news/news_file/20200901-hinanjyo.JPG/@@images/e2f4a02f-12e6-4e3b-a590-5c08ed5d9fc5.jpeg" title="&#x4EE4;&#x548C;2&#x5E74;7&#x6708;&#x8C6A;&#x96E8;&#x88AB;&#x707D;&#x5730;&#x3067;&#x306E;&#x5B66;&#x751F;&#x30DC;&#x30E9;&#x30F3;&#x30C6;&#x30A3;&#x30A2;&#x6D3B;&#x52D5;&#x5199;&#x771F;&#x2461;" alt="&#x4EE4;&#x548C;2&#x5E74;7&#x6708;&#x8C6A;&#x96E8;&#x88AB;&#x707D;&#x5730;&#x3067;&#x306E;&#x5B66;&#x751F;&#x30DC;&#x30E9;&#x30F3;&#x30C6;&#x30A3;&#x30A2;&#x6D3B;&#x52D5;&#x5199;&#x771F;&#x2461;" class="image-inline"/></p>&#13; <p style="text-align: center;"/>&#13; <p style="text-align: center;"/>&#13; <p style="text-align: center;"/>&#13; <p><span class="visualClear"> </span></p>&#13; <p><span class="visualClear"> </span></p>]]> No publisher 学生 その他 2020/09/01 14:10:00 GMT+9 ページ 大学院社会文化科学教育部熊本大学?マサチューセッツ州立大学ボストン校紛争解決学国際連携専攻(ジョイント?ディグリー?プログラム)の設置認可について_大赢家比分即时比 /whatsnew/zinbun/20200508 <![CDATA[<p> 文部科学省へ設置認可申請を行っておりました大学院社会文化科学教育部熊本大学?マサチューセッツ州立大学ボストン校紛争解決学国際連携専攻(ジョイント?ディグリー?プログラム)の設置が7月31日付けで認可され、令和3年4月に開設する運びとなりました。<br/> 本専攻の概要については、<span class="fontL"><strong><span style="text-decoration: underline;"><a href="http://www.gsscs.kumamoto-u.ac.jp/sites/default/files/2020-08/jdp_summary_200818.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">こちら(PDF)</a></span></strong></span>をご覧ください。<br/><br/> ※本専攻の学生募集要項については、10月上旬頃に公表する予定です。<br/> ※進学説明会を2020年10月24日(土)に開催する予定です。詳細は<strong><span style="text-decoration: underline;"><a href="http://www.gsscs.kumamoto-u.ac.jp/sites/default/files/2020-07/syabun2020.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">こちら(PDF)</a></span></strong>。<br/><br/><br/><br/><br/><br/><br/><br/></p>&#13; <p/>&#13; <address><strong>お問い合わせ</strong><br/> 人社?教育系事務課 社会文化科学教育部教務担当<br/> E-Mail:jsj-daigakuin※jimu.kumamoto-u.ac.jp <br/> (迷惑メール対策のため@を※に置き換えております)</address>]]> No publisher 入試 学生 2020/08/18 16:00:00 GMT+9 ページ 大赢家比分即时比感染症拡大で熊本に行けない! でも、遠隔授業で大学の授業が受けられるようになりました!_大赢家比分即时比 /daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/kumadai_now_file_2020/20200811 <![CDATA[<div id="content-core">&#13; <div>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/index_file/now-short2.jpg/@@images/526e33fe-3981-4f9b-9548-fd02bbf31fb1.png" alt="now-short2.jpg" title="now-short2.jpg" width="545" height="138"/></p>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/kumadai_now_file_2020/che_file/image01.jpg/@@images/c79716cf-a4b1-4a38-b290-007f1efb7f30.jpeg" title="image01.jpg" alt="image01.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/kumadai_now_file_2020/che_file/kennji_top.jpg/@@images/ce9bdaa4-1a80-4a11-a84d-4020e33d1b7e.jpeg" title="kennji_top.jpg" alt="kennji_top.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <h2>アニメやドラマで日本に興味</h2>&#13; 健児くん(以下◆):チェさんが日本に興味をもったのはなぜですか?<br/><br/>チェさん:小学4年生のときに、日本のアニメやドラマを見たのがきっかけです。とても面白いと思って、日本に興味を持ちました。 日本語も勉強したいと思うようになって、日本語のアニメを見続けたんです。<br/>何年か見ているうちに少しずつ聞き取れるようになって、それからは会話の本を買って書き写す練習をしました。<br/><br/>◆:高校でも日本語を学んだそうですね!<br/><br/>チェさん:韓国では高校生活3年間のうち、1年間は第二外国語を履修するようになっています。そこで、日本語を勉強しました。学校での勉強のほかに、テレビ番組を見たり、SNSで日本の人とつながって会話をしたりして、 生活の中で使える言葉が身につくように工夫しました。<br/>その甲斐があって、大学入試の面接は日本語で受けることができました。 そのほかに高校では教育ボランティアもやっていました。小学生と中学生を対象に、勉強を教えたり相談を受けたりするもので、週1回、卒業するまで続けました。<br/><br/><br/><br/>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/kumadai_now_file_2020/che_file/image03.jpg/@@images/1147648f-38e0-409a-a73b-d39d7f73dc62.jpeg" title="image03.jpg" alt="image03.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <p/>&#13; <h2>薬学の研究が充実した熊本大学で学びたい</h2>&#13; ◆:薬学部を目指したきっかけはなんですか?<br/><br/>チェさん:中学生のときは化学が好きでした。化学についての講演を週1回くらい聞く機会があって、楽しみにしていました。その中で、サリドマイドの薬害について話を聞いたことが薬学に興味をもったきっかけです。 サリドマイドは、構造が変化することで望まれていない効果が出てしまいました。<br/>同じ種類の元素から構成している薬でもその効果が完全に変わってしまうところが興味深いと思いました。<br/><br/>◆:熊本大学で薬学を学ぼうと思ったのは?<br/><br/>チェさん:高校2年のとき、担任の先生が「薬学の研究は日本が有名だから」と留学をすすめてくれました。そこで日本のいろいろな大学を調べたのですが、研究が充実しているのは国立大学だなと思いました。<br/>?いろいろな大学のカリキュラムや、所属する先生方の研究内容を見たのですが、その結果、熊本大学で行われている研究が面白そう、学びたい、と思って進学を決めました。<br/><br/>&#13; <p/>&#13; <h2>コロナ禍で心配な毎日。遠隔授業がうれしかった</h2>&#13; ◆:入学が決まった後、国外への移動が禁止になりましたね。<br/><br/>チェさん:私の周りには感染者は出ませんでしたが、いろんなところで集団感染が起きて、外出規制などがありました。3~4カ月ほど、必要な生活用品を買いに行く以外は、ずっと家にいる日々でした。もともと3月に熊本に行く予定だったので、準備もすすめていたのですが、日にちがどんどん延長されて、心配でした。<br/><br/>そんなとき、遠隔授業の連絡がきて、とても嬉しかったです。韓国にいながら、大学の授業が受けられるのが楽しみでした。今は、自宅のノートパソコンで授業を受けています。目が良くないので、資料などが対面授業よりしっかり見られるのはいいところだなと思っています。<br/>通信環境の影響なのか、授業の途中で内容が途切れることもあります。 長いときは1~2分くらい途切れるのですが、講義内容の動画が後でアップされるので、それを見直して学ぶようにしています。<br/><br/>高校までは暗記するのが主でしたが、そうやって覚えたこと一つひとつに理由がある、意味があるということが学べるのはとても面白いと思っています。高校で性質を学んだ化学物質についても、それが体にどう影響するのかが学べて、もっと学びたい気持ちでいっぱいです。<br/><br/>不安も多いのですが、入学が決まったときも遠隔授業が始まるときも、大学の方は学校生活や授業についての問い合わせに丁寧に説明してくれます。学生一人ひとりに気を配ってくれる大学なので、安心して授業が受けられています。<br/><br/>講義は日本語で受けていますが、日本語と英語であれば、日本語が得意。なので、日本語の講義が受けられるのはよかったです。<br/><br/>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/kumadai_now_file_2020/che_file/image04.jpg/@@images/853fc231-e712-481b-aa8f-d8136429c065.jpeg" title="image04.jpg" alt="image04.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <p/>&#13; <h2>熊本に行ったら、同級生ともっとコミュニケーションしたい!</h2>&#13; </div>&#13; ◆:熊本に早く来られるようになるといいですね。<br/><br/>チェさん:私もそう思います。熊本大学に行けるようになったら、同級生などいろんな人とコミュニケーションをとりたいと思っています。私は外国人なので、日本語を使って勉強するのが難しいこともあります。<br/>?いろんな人とコミュニケーションをとっていけば、私の日本語の実力もアップするので、楽しみです。<br/><br/>将来は、薬の研究をする研究者になりたいと思っています。日本でやるのか韓国でやるのかはまだ決めていませんが、卒業までには、やりたい研究、知りたい分野が決まると思うので、それをがんばりたいです。<br/><br/>&#13; <div><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/kumadai_now_file_2020/che_file/image05.jpg/@@images/01d9b7ea-bae2-4703-8981-15796cb82afe.jpeg" title="image05.jpg" alt="image05.jpg" class="image-inline"/></div>&#13; <div/>&#13; <div/>&#13; <div><br/>&#13; <p style="text-align: right;">(2020年8月11日掲載)</p>&#13; </div>&#13; </div>]]> No publisher 学生 2020/08/11 12:00:00 GMT+9 ページ 令和2年度に修学支援新制度の「給付奨学生」に採用された人の後期 授業料免除申請書の提出について_大赢家比分即时比 /daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/jugyoryo_menjo/2020-ato <![CDATA[<p> 令和2年度に「高等教育の修学支援新制度」の「給付奨学生」(支援区分がⅠ、Ⅱ、Ⅲの人)に採用された人は、別途、令和2年度後期分の「大学等における修学支援に関する法律による授業料等減免の対象者の認定に関する申請書」を提出する必要があります</p>&#13; <div class="box_note">【注】申請書を提出しないと、令和2年度後期分の授業料免除を受けることが出来なくなります。</div>&#13; <p><strong> </strong>下記から申請書をダウンロードして、必要事項を記入のうえ、<strong><u>令和2年8月31日(月)までに</u></strong>学生生活課経済支援担当窓口まで提出してください。</p>&#13; <p> なお、<span style="text-decoration: underline;">令和元年度に授業料免除申請を行った学部生で、</span>経過措置により本学独自の授業料免除申請を行う予定の人は、令和2年7月29日(水)~8月4日(火)に実施する大学独自の授業料免除申請期間内に、受付会場に提出してください。</p>&#13; <p>           <span class="fontcolor2">修学支援新制度の授業料等減免申請書</span> <a href="/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/jugyoryo_menjo/2020ato-shingenmen-sinseisho.pdf"><u>(<span>PDF</span>ファイル)</u></a></p>&#13; <div class="box_note">  ※添付書類は不要です。                                           ※申請書の「機構の給付奨学金に関する情報」に、必ず「給付奨学生番号」を記入してください。</div>]]> No publisher 学生 2020/07/16 09:27:00 GMT+9 ページ 熊本大学 発生医学研究所 大学院入試についてのご案内_大赢家比分即时比 /whatsnew/seimei/f75r0t <![CDATA[<p>熊本大学 発生医学研究所ではバックグラウンドを問わず、広く大学院生(修士?博士前期課程、博士?博士後期課程)を募集します。</p>&#13; <p>発生医学研究所で大学院生として研究を希望するかたは、熊本大学大学院?医学教育部、薬学教育部いずれかの大学院を受験していただきます。</p>&#13; <p>大学院入学試験は例年7~8月に実施しています。研究内容の詳細や入試情報はWEBサイトをご覧下さい。 http://www.imeg.kumamoto-u.ac.jp</p>&#13; <p>なお今年度はコロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言のため現地での説明会の実施はありません。</p>]]> No publisher 入試 学生 2020/05/27 14:55:00 GMT+9 ページ 特別定額給付金事業に関するお知らせ(2020.5.1更新)_大赢家比分即时比 /daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/syugakushien/byt9hx <![CDATA[<p> 新型コロナウィルス感染症の影響を受けた学生の皆さんに対して、政府の「新型コロナウィルス感染症緊急経済対策」(令和2年4月20日閣議決定)により、簡素な仕組みで迅速かつ的確な家計への支援を行うことを目的とした「特別定額給付金事業」が実施されます。</p>&#13; <h3> 特別定額給付金事業の概要について</h3>&#13; <p> ■基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳<span>(</span>住民票<span>)</span>に記録されている者を「給付対象者」、その者の属する世帯の世帯主を「受給権者」とし、給付対象者1人につき10万円を給付。</p>&#13; <p> ■申請は、①世帯主が、市区町村から世帯主宛てに郵送された申請書により郵送、または ②オンライン(マイナンバーカード所持者が利用可能) により行い、給付は原則として申請者本人名義の銀行口座への振込により実施。</p>&#13; <p> ■受付開始日及び給付開始日は各市区町村において決定され、申請期限は郵送申請方式の申請受付開始日から3か月以内。</p>&#13; <p>?</p>&#13; <p> なお、本給付金は、住民基本台帳に記録された国内在住の外国人も対象となります。また、海外留学から帰国し、基準日において日本に居住している日本人学生等についても、住民票を復活させる手続きをしていただくことにより、住民登録の復活が基準日より後であっても給付対象者とすることとしています。</p>&#13; <p>? また、給付金を装った詐欺等の発生も想定されますが、市区町村や総務省などが現金自動預払機(<span>ATM</span>)の操作をお願いすることや、市区町村や総務省などが「特別定額給付金」の給付のために、手数料の振込みを求めることは、絶対にありません。</p>&#13; <p>? なお、新型コロナウィルス感染症による影響を受けた学生等や保護者が活用しうる制度として、「高等教育の修学支援新制度」や、「日本学生支援機構の貸与型奨学金」等以外にも、厚生労働省が実施している緊急小口資金貸付や、雇用に係る支援として、厚生労働省の雇用調整助成金において、学生アルバイトを含む非正規雇用も対象とする特例措置を講じています。詳しくは、下記ホームページを参照願います。</p>&#13; <p>【参考】</p>&#13; <p>?特別定額給付金(仮称)事業の概要 (総務省HP)</p>&#13; <p><span><a href="https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/gyoumukanri_sonota/covid-19/kyufukin.html?fbclid=IwAR2_Yjv0VKT-YMHG7Rrha3MmhqXbMzZ3R1V7FtYVVdMvQZzp0lHutJYcIUA"> https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/gyoumukanri_sonota/covid</a><a href="https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/gyoumukanri_sonota/covid-19/kyufukin.html?fbclid=IwAR2_Yjv0VKT-YMHG7Rrha3MmhqXbMzZ3R1V7FtYVVdMvQZzp0lHutJYcIUA">-</a><a href="https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/gyoumukanri_sonota/covid-19/kyufukin.html?fbclid=IwAR2_Yjv0VKT-YMHG7Rrha3MmhqXbMzZ3R1V7FtYVVdMvQZzp0lHutJYcIUA">19/kyufukin.html?fbclid=IwAR2_Yjv0VKT</a><a href="https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/gyoumukanri_sonota/covid-19/kyufukin.html?fbclid=IwAR2_Yjv0VKT-YMHG7Rrha3MmhqXbMzZ3R1V7FtYVVdMvQZzp0lHutJYcIUA">-</a><a href="https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/gyoumukanri_sonota/covid-19/kyufukin.html?fbclid=IwAR2_Yjv0VKT-YMHG7Rrha3MmhqXbMzZ3R1V7FtYVVdMvQZzp0lHutJYcIUA">YMHG7Rrha3MmhqXbMzZ3R1V7FtYVVdMvQZzp0lHutJYcIUA</a></span></p>&#13; <p>?特別定額給付金詐欺被害防止ポスター (総務省HP)</p>&#13; <p><span><a href="https://www.soumu.go.jp/main_content/000684021.pdf"> https://www.soumu.go.jp/main_content/000684021.pdf</a></span></p>&#13; <p>?大赢家比分即时比感染症の影響を踏まえた生活福祉資金貸付制度における緊急小口資金等の特例貸付の拡大について (厚生労働省<span>HP</span>)</p>&#13; <p><span><a href="https://www.mhlw.go.jp/content/12003000/000606493.pdf"> https://www.mhlw.go.jp/content/12003000/000606493.pdf</a></span></p>&#13; <p>?雇用調整助成金の特例措置 (厚生労働省<span>HP</span>)</p>&#13; <p><span><a href="https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/"> https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/</a><a href="https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07.html">ageL07.html</a></span></p>&#13; <p><strong/></p>&#13; <p><strong>?</strong>  </p>&#13; <p>?</p>]]> No publisher 学生 2020/05/01 17:35:00 GMT+9 ページ 令和2年度入学生の皆さんへ_大赢家比分即时比 /whatsnew/koho/2020/20200404 <![CDATA[<h3 style="text-align: left;">令和2年度入学生の皆さんへ(学長式辞)</h3>&#13; <p style="text-align: center;"><iframe src="https://www.youtube.com/embed/B3ol3VBVtCs?rel=0" height="315" width="560">&#13; </iframe></p>&#13; <p style="text-align: center;"><a href="/daigakujouhou/gakuchoushitu/year/2020/20200404">学長式辞 文面はこちら</a></p>&#13; <h3>入学者宣誓</h3>&#13; <p> <a href="/whatsnew/koho/2020/20200404sensei">医学部 保健学科 放射線技術科学専攻 岩下 朋樹</a></p>&#13; <p/>&#13; <h3>祝詞</h3>&#13; <p> <a href="/whatsnew/koho/koho_file/2020/20200404.pdf">こちらからご覧いただけます。</a></p>&#13; <h3>学部長等メッセージ</h3>&#13; <p> <a href="https://www.let.kumamoto-u.ac.jp/whatsnew/docs/20200403shinnyusei.pdf">文学部長</a></p>&#13; <p> <a href="http://www.law.kumamoto-u.ac.jp/topics/2020/04/post-192.php">法学部長</a></p>&#13; <p> <a href="http://www.gsscs.kumamoto-u.ac.jp/sites/default/files/2020-04/nyuugaku2020message.pdf">社会文化科学教育部長</a></p>&#13; <p> <a href="http://www.hs.kumamoto-u.ac.jp/graduate/news/2020/04/-covid-19covid-19-covid-19.html">大学院保健学教育部長</a></p>&#13; <p> <a href="http://www.hs.kumamoto-u.ac.jp/hoken/news/2020/04/post-17.html">医学部保健学科長</a></p>&#13; <p/>&#13; <p/>&#13; <p/>]]> No publisher 学生 その他 2020/04/04 09:00:00 GMT+9 ページ 令和元年度卒業生?修了生の皆さんへ_大赢家比分即时比 /whatsnew/koho/2019/20200324 <![CDATA[<h3 style="text-align: left;">令和元年度卒業生?修了生の皆さんへ(学長式辞)</h3>&#13; <p style="text-align: center;"><iframe src="https://www.youtube.com/embed/1thotneVrTo?rel=0" height="315" width="560">&#13; </iframe></p>&#13; <p style="text-align: center;"><a href="/daigakujouhou/gakuchoushitu/year/2019/20190325">学長式辞 文面はこちら</a></p>&#13; <h3>在学者代表送辞</h3>&#13; <p> <a href="/whatsnew/koho/2019/souji">文学部 山田 悠太朗</a></p>&#13; <h3>卒業者代表答辞</h3>&#13; <p> <a href="/whatsnew/koho/2019/touji">理学部 竹下 雄輔</a></p>&#13; <h3>祝詞</h3>&#13; <p> <a href="/whatsnew/koho/koho_file/2019/syukushi.pdf">こちらからご覧いただけます。</a></p>&#13; <h3>学部長等メッセージ</h3>&#13; <p> <br/> <a href="https://www.let.kumamoto-u.ac.jp/whatsnew/docs/msg20200324.pdf">文学部長</a></p>&#13; <p> <a href="http://www.gsscs.kumamoto-u.ac.jp/sites/default/files/2020-03/%E4%BF%AE%E4%BA%86%E7%94%9F%E3%81%AE%E7%9A%86%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%B8.pdf">大学院社会文化科学教育部長</a></p>&#13; <p> <a href="http://www.law.kumamoto-u.ac.jp/topics/2020/03/post-190.php">法学部</a></p>&#13; <p> <a href="https://www.educ.kumamoto-u.ac.jp/2020message/">教育学部長?大学院教育学研究科長</a></p>&#13; <p><a href="http://www.sci.kumamoto-u.ac.jp/topics/msg20200324.html"> 理学部長?大学院自然科学教育部長</a></p>&#13; <p> <a href="http://www.hs.kumamoto-u.ac.jp/hoken/news/2020/03/post-16.html">医学部保健学科長?大学院保健学教育部長</a></p>&#13; <p> <a href="https://www.eng.kumamoto-u.ac.jp/eng-top-message/">工学部長?大学院自然科学教育部長補佐</a></p>&#13; <p/>]]> No publisher 学生 その他 2020/03/24 08:30:00 GMT+9 ページ 第1回熊本大学フォトコンテスト受賞作品発表_大赢家比分即时比 /whatsnew/koho/2019/20200303 <![CDATA[<p>この度、熊本大学では本学の魅力を伝える作品を募集いたしました。初めての試みでしたが、41の応募作品が寄せられ、その中から最優秀賞1作品、優秀賞2作品、入選3作品を決定いたしました。<br/>受賞作品は、今後本学の広報活動の中で広く活用させていただく予定としています。<br/>作品をご覧いただき、改めて本学の魅力を感じていただければ幸いです。<br/>     ?????????????????????????????????????????????????????????????? ???????????  第1回熊本大学フォトコンテスト審査員長<br/>?????????????????????????????????????????????????    ????????????????????????????????       理事(広報担当) 古島 幹雄</p>&#13; <h3>最優秀賞</h3>&#13; <p>【タイトル】 Cherries in a Light Rain<br/>【撮影者】 大学院人文社会科学研究部(文学系) 教授 大野 龍浩<br/><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20200302-1.jpg/@@images/2e51be45-c5d6-4e1f-9c18-83157e2a28d1.jpeg" title="20200302-1.jpg" alt="20200302-1.jpg" class="image-inline"/><br/>?<br/>【撮影場所】 文学部棟4階<br/>【作品の説明】 例年にまして見事な咲きっぷりの桜が、こぬか雨の中を歩く女子学生たちとあいまって、美しさを際立たせていました。</p>&#13; <p>【講評】<br/>春の新生活の始まり、季節感を感じる一枚。桜並木のモチーフと道の構成が華やかで美しい。奥には白い校舎が佇み、春雨であろうか大学生が傘をさしてゆったりと歩く様子が、熊大キャンパスの日常の優雅な風景を表現している。日頃見慣れない鳥瞰的独創性のある構図も評価される。<br/><br/></p>&#13; <h3>優秀賞</h3>&#13; <p>【タイトル】 Fireflies<br/>【撮影者】 自然科学教育部博士前期課程情報電気工学専攻情報工学教育プログラム 2年 BYAMBAA MUNKHTULGA<br/><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20200302-2.jpg/@@images/aac0d328-1e13-45d3-8946-0eebedb02057.jpeg" title="20200302-2.jpg" alt="20200302-2.jpg" class="image-inline"/><br/>?<br/>【撮影場所】 Kumamoto University Kurokami South Campus riverbank<br/>【作品の説明】 Modern fireflies. People are trying their best even in midnight.<br/><br/>【講評】<br/>白川対岸から見た黒髪地区の夜景。夜空の星と大学のビルの窓の明かり、そして川面に映る光も美しい。静けさの中にも大学の活動を表現している。余白の大きさは光を浮かび上がらせる。上半分の構図の美しさは格別である。</p>&#13; <p/>&#13; <h3>優秀賞</h3>&#13; <p>【タイトル】 Happy Thinking<br/>【撮影者】 医学教育部博士課程医学専攻 2年 ISTIAQ ARIF<br/>?<img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20200302-3.jpg/@@images/25552823-70a6-46a6-af0e-1d89c6706148.jpeg" title="20200302-3.jpg" alt="20200302-3.jpg" class="image-inline"/><br/><br/>【撮影場所】Kurokami? North campus, kumamoto University<br/>【作品の説明】 A foreign student passing her afternoon, thinking about her studies while enjoying a nice environment in the central library premises.<br/><br/>【講評】<br/>午後の太陽を正面に置く逆光構成と、植込みによる遠近表現で、空間を広く感じさせ、中央に照らし出される人物に視点を誘う構図である。しかも前景部分では、光が左方向からも射しており、おそらく、図書館の正面ガラスの反射光の照り返しによる2重光源の撮影となり、複雑な光と影の演出が神秘的でもあり美しい。偶然の射光のタイミングと、人物の自然なポーズの構図取りは、午後の緑に囲まれた図書館前広場の不思議な空間と、学生の有意義な思索の時間を感じさせる表現となり、美的であり、知的である。<br/><br/></p>&#13; <h3>入選</h3>&#13; <p>【タイトル】 Spring on the Bufugen Ground<br/>【撮影者】 大学院人文社会科学研究部(文学系) 教授 大野龍浩<br/>?<img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20200302-4.jpg/@@images/86fffeeb-4302-43ef-95ed-4d40e59c8b56.jpeg" title="20200302-4.jpg" alt="20200302-4.jpg" class="image-inline"/><br/><br/>【撮影場所】 文法棟屋上<br/>【作品の説明】 キャンパスの桜と遠くの金峰山に見守られながら、武夫原グランドでサッカーの試合をする学生たち。春ののどけさの中に、若いエネルギーを感じました。<br/><br/>【講評】<br/>熊大を代表する武夫原グラウンドを鳥瞰撮影しており、奥行きと伸びやかさを感じる。桜の咲く季節、学生達の活動がいきいきと表現されており、気持ちの高まりを感じさせる。清々しい大学生活の一端を切り取っている。</p>&#13; <p/>&#13; <h3>入選</h3>&#13; <p>【タイトル】 WE REALLY LOVE KU<br/>【撮影者】 文学部文学科3年 山崎 伶奈、文学部 1年(日本語研修生) MAUTE THIBAULT SEBASTIEN、文学部 1年(学部特別聴講生) ORTON TYRA ROSE WINTHER、教育学部 1年(学部特別聴講生) YU, JIAXUAN<br/>?<img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20200302-5.jpg/@@images/7f202f2d-86e9-4d53-8c01-a23464bd4725.jpeg" title="20200302-5.jpg" alt="20200302-5.jpg" class="image-inline"/><br/><br/>【撮影場所】 全学教養棟2E教室<br/>【作品の説明】 この写真は国籍も性別も関係なく、熊本大学が好きな学生が集まって撮りました。体を使って協力して撮ることができました。<br/><br/>【講評】<br/>思わずほほえみがこぼれる一枚。学生が集まり、ポーズを工夫して撮影した様子が目に浮かぶ。国際化が進む本学を表現した作品として評価する。</p>&#13; <p/>&#13; <h3>入選</h3>&#13; <p>【タイトル】 自然の大学、自然の学生<br/>【撮影者】 社会文化科学教育部博士前期課程文化学専攻 2年 GANBAATAR ENKHMAGNAI<br/>?<img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20200302-6.jpg/@@images/b994c002-9067-4ba2-93c3-49e698e5e5ca.jpeg" title="20200302-6.jpg" alt="20200302-6.jpg" class="image-inline"/><br/><br/>【撮影場所】 Student Hall の前<br/><br/>【講評】<br/>雄々しい木々の間を歩く大学生の姿が写しだされ、緑豊かな優雅な風景をつくるキャンパス環境を表現している。秋に撮られた作品で、紅葉した葉の色も、光と影の美しさも素敵である。また、伸びやかな構図のバランスがよい点も評価できる。</p>]]> No publisher 学生 その他 2020/03/02 18:30:00 GMT+9 ページ 初心者からスタート!空からの美しい景色が魅力[航空部]_大赢家比分即时比 /daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/people2/2019/p200207 初心者からスタート!空からの美しい景色が魅力[航空部] <![CDATA[<div id="content-core">&#13; <div>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/index_file/now-short2.jpg/@@images/526e33fe-3981-4f9b-9548-fd02bbf31fb1.png" alt="now-short2.jpg" title="now-short2.jpg" width="545" height="138"/></p>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/people2/2019/0207/image01.jpg/@@images/f5849079-c320-441a-b6da-4f1bda9ac0fe.jpeg" title="image01.jpg" alt="image01.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <h2>グライダーに実際に乗って操縦!</h2>&#13;  熊本市西区の白川河川敷の一角を訪れると、白や赤のグライダーが見えてきました。熊本大学体育会航空部の活動場所は、この白川滑空場。グライダー専用の離着陸場です。グライダーとは動力を持たず滑空のみが可能な航空機のことです。グライダーが飛ぶのは、凧揚げと同じ原理。機体に取り付けた金属や化学繊維製のロープを、ウインチで最高時速100㎞という高速で巻き取り、離陸させます。離陸後は高度500mぐらいまで上昇します。上昇後は、教官と一緒に部員が実際に搭乗し操縦訓練を行います。<br/><br/> 航空部は現在部員が12名。九州大学、九州工業大学など九州内の大学と合同で月に1、2回ほど合宿を行ったり、学内のミーティングで航空力学や気象学、無線などの必要な知識について学んだりしています。部員はグライダーに関して初心者ばかり。主将の熊部賢志さんも「大学入学をきっかけに新しいことに挑戦しようと思っていました。1年生のときに体験搭乗に行って入部を決意。航空力学なども学ぶので理系のイメージがあるかもしれませんが、文系のメンバーもいます」と話してくれました。</div>&#13; <div>?&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/people2/2019/0207/image02.jpg/@@images/d7f7208b-6e47-4e59-84ea-d0b7ddbe95a6.jpeg" title="image02.jpg" alt="image02.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; </div>&#13; <div>&#13; <h2>美しい景色が魅力!安全意識の大切さも</h2>&#13;  部員はみんな初心者からスタート。教官や先輩たちから丁寧な指導を受け飛行訓練や座学に取り組み、早い人で2年生から実際に飛び始めるそうです。大空を飛んでみて「世界が変わる!」と感動した人も少なくありません。熊部さんに航空部の魅力について伺ってみると、「やはり景色の美しさだと思います。冬は白川滑空場で訓練をしていますが、夏は久住滑空場で行っています。久住はとても自然が豊かなので、空から眺める景色は格別です」と笑顔で語ってくれました。<br/><br/> 一方で、グライダーは危険を伴うスポーツという一面もあります。そのため、安全についての指導も徹底しています。「主将になってから約10カ月経ちましたが、苦労も多いです。普通のスポーツではあまり考えないことなのかもしませんが、この競技は命の危険を伴います。安全意識についてしっかりと後輩たちに教えていくことは、責任も大きく大変だと感じます」。訓練中は、搭乗する人と地上にいる人の双方が指差しや大きな声で安全確認を行っていました。メンバーの中に強く安全を守る意識が根付いていると感じました。</div>&#13; <div>?<img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/people2/2019/0207/image03.jpg/@@images/a06a1ce2-7629-4ed6-8a48-b97fd89e1dcf.jpeg" title="image03.jpg" alt="image03.jpg" class="image-inline"/></div>&#13; <div>&#13; <p/>&#13; <br/>&#13; <h2>インカレでの上位入賞を目指して</h2>&#13;  航空部の目標は、ライセンスを取得すること。ライセンスを取得するまでに、教官と学生が一緒に搭乗する2人乗りと、ある程度の経験と技術を積んで1人で搭乗し操縦するソロフライトで練習を重ねます。その後、学科と技術の試験を合格すると、自家用操縦士のライセンスが取得できるそうです。<br/><br/> また、高度やスピード、飛行時間などでグライダーの操縦技術などを競う大会にも参加しています。インカレもその一つ。「チームで上位入賞を目指して頑張っていきたいと思います」と語る熊部さん。今年11月に行われた九州大会では、チェックポイントをいかに速く回ってこられるかを競う周回競技で団体2位、個人3位という優秀な戦績を収めました。今後の航空部の活動?戦績に注目です。<br/><br/></div>&#13; <div>&#13; <div>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/people2/2019/0207/image04.jpg/@@images/2e2887a0-3a71-4e0a-af7e-4b9ee2c0f3dc.jpeg" title="image04.jpg" alt="image04.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; </div>&#13; <div> (2020年2月7日掲載)</div>&#13; <p/>&#13; </div>&#13; </div>]]> No publisher 学生 2020/02/07 14:05:00 GMT+9 ページ きらめきユースプロジェクト実施報告会を開催_大赢家比分即时比 /whatsnew/koho/2019/20200124 <![CDATA[<p>本学は、令和元年<span>12</span>月<span>25</span>日(水)に「令和元年度 きらめきユースプロジェクト実施報告会」を開催しました。</p>&#13; <p>きらめきユースプロジェクトは、学生自身に実体験をさせることにより、学生の自主性、創造性、独創性、社会で活躍できる能力を高めることが期待できる事業に対し大学が経済的支援を行うものです。平成<span>20</span>年度から実施しており、今年度は<span>34</span>件の申請に対して<span>15</span>件が採択されました。</p>&#13; <p>報告会では、学生がポスター発表形式で自主的に計画した企画の発表を行い、学生にとっては企画?実施するだけではなく、他の企画を学ぶことができるとともにポスター発表でプレゼン能力のスキルアップにも繋がるという相乗効果のあるイベントとなっています。当日は、原田学長をはじめ教職員が参加し、熱心に学生の発表に耳を傾けていました。</p>&#13; <p>審査は、学長と一般見学者の意見を取り入れて行われ、学長表彰の対象となる最優秀賞には、「認知症になっても安心して暮らせるまちづくりに貢献する」をコンセプトに、行政?地域住民?事業所と共に活動し、社会貢献を行った「<span>Orange Project</span>」が選ばれました。</p>&#13; <p>他には、黒髪キャンパス周辺における商業施設と大学との関わりを通して社会への新たな結節点を創っていくプロジェクトを行った「くまじゅく」及び外部機関と連携した盲学校用支援器具の開発と製作?寄贈による社会貢献を行った「<span>Soleil</span>(ソレイユ)」が高い評価を得ました。</p>&#13; <p><br/><br/><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20200124-1-1.jpg/@@images/5a7edca4-0bb2-4cf9-a873-32083ad3f5b4.jpeg" title="20200124-1.jpg" alt="20200124-1.jpg" class="image-inline"/>?<img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20200124-2.jpg/@@images/bc6599d5-0d7d-4080-a648-9845fa00acd8.jpeg" title="20200124-2.jpg" alt="20200124-2.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <p class="cmt" style="text-align: center;"/>]]> No publisher 学生 2020/01/24 16:45:00 GMT+9 ページ 第14回先端科学技術分野学生国際会議(The 14th ICAST 2019 Kumamoto)を開催しました_大赢家比分即时比 /whatsnew/sizen/20191225-1 <![CDATA[<p>?大学院自然科学教育部主催「第<span>14</span>回先端科学技術分野学生国際会議」(<span>ICAST: International Student Conference on Advanced Science and Technology</span>)を熊本大学で開催しました。</p>&#13; <p>?</p>&#13; <p>?ICASTは学生により運営される国際会議で、英語による研究発表や討論により学生の実践力及び英語運用能力を強化し、海外からの学生との交流により国際感覚を養うことを目的としています。平成20年より海外交流協定校での開催も含め毎年開催され、第14回目は本学での開催となりました。今回は、熊本大学からの参加者128名に加え、熊本県内の高校から45名、海外交流協定校(中国、台湾、韓国、インドネシア、フィリピン、トルコ、フランス、チェコ)から42名が参加し、11月28日(木)、29日(金)の2日間の日程で、口頭発表111件、ポスター発表40件を英語で行いました。また、ICAST学生運営委員会を組織し、オープニングセッションを含む各セッションの司会進行等が学生により執り行われ、有意義な国際会議となりました。11月30日(土)に実施したフィールドトリップでは69名が参加し、交流を深めました。</p>&#13; <table height="617" class=" noborder" style="width: 600px;">&#13; <tbody>&#13; <tr>&#13; <td style="width: 300px; text-align: center;">&#13; <p><img src="/whatsnew/sizen/sizeninfo_file/20191225-1.jpg/@@images/96cfb422-45f6-4365-8f0f-1623ddd1c648.jpeg" title="20191225-1.jpg" width="246" alt="20191225-1.jpg" height="178" class="image-inline"/> オープニング</p>&#13; <p><img src="/whatsnew/sizen/sizeninfo_file/20191225-3.jpg/@@images/fcbd7821-02fc-4a3f-9406-71463ba724e8.jpeg" title="20191225-3.jpg" width="205" alt="20191225-3.jpg" height="261" class="image-inline"/></p>&#13; <p>ポスターセッション</p>&#13; <p src="../../../resolveuid/ea1a04efee774c03aa12760d2134abc5" class="image-undefined"><img src="/whatsnew/sizen/sizeninfo_file/20191225-5.jpg/@@images/c7eed547-025d-497e-b375-6a3a6c770967.jpeg" title="20191225-5.jpg" width="235" alt="20191225-5.jpg" height="175" class="image-inline"/></p>&#13; <p src="../../../resolveuid/ea1a04efee774c03aa12760d2134abc5" class="image-undefined">交流パーティ</p>&#13; <p src="../../../resolveuid/ea1a04efee774c03aa12760d2134abc5" class="image-undefined"/>&#13; <p src="../../../resolveuid/ea1a04efee774c03aa12760d2134abc5" class="image-undefined"/>&#13; <p src="../../../resolveuid/ea1a04efee774c03aa12760d2134abc5" class="image-undefined"/>&#13; </td>&#13; <td style="width: 300px; text-align: center;">&#13; <p><img src="/whatsnew/sizen/sizeninfo_file/20191225-2.jpg/@@images/62c93431-ac1e-4398-8fc8-5f5cd6fb2ba0.jpeg" title="&#x30AA;&#x30FC;&#x30E9;&#x30EB;&#x30BB;&#x30C3;&#x30B7;&#x30E7;&#x30F3;" height="175" width="252" alt="20191225-2.jpg" class="image-inline"/>オーラルセッション</p>&#13; <p/>&#13; <p><img src="/whatsnew/sizen/sizeninfo_file/20191225-4.jpg/@@images/6c49b42a-a503-4cdc-8a36-30e2d65d92ca.jpeg" title="20191225-4.jpg" width="249" alt="20191225-4.jpg" height="165" class="image-inline"/>ICAST2019参加者集合写真</p>&#13; <p/>&#13; <p/>&#13; <p><img src="/whatsnew/sizen/sizeninfo_file/20191225-6.jpg/@@images/10193d75-2a9e-430c-bbd2-75904ba5bb99.jpeg" title="20191225-6.jpg" width="239" alt="20191225-6.jpg" height="175" class="image-inline"/>フィールドトリップ</p>&#13; </td>&#13; </tr>&#13; <tr>&#13; <td style="width: 300px; text-align: center;"/>&#13; <td style="width: 300px; text-align: center;"/>&#13; </tr>&#13; <tr>&#13; <td style="width: 300px; text-align: center;"/>&#13; <td style="width: 300px; text-align: center;"/>&#13; </tr>&#13; </tbody>&#13; </table>&#13; <p/>&#13; <p/>&#13; <p/>&#13; <address><strong> お問い合わせ </strong> <br/> 自然科学系事務課 国際担当 <br/> 096-342-3982</address>]]> No publisher 学生 2019/12/25 17:30:00 GMT+9 ページ 就職情報リーフレットを作成しました_大赢家比分即时比 /whatsnew/koho/2019/20191223 <![CDATA[<p>? <img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191223.jpg/@@images/ea78940c-789d-440b-bb02-1b859524f1f8.jpeg" title="20191223.jpg" alt="20191223.jpg" class="image-left"/>入試?就職戦略室では、就職(特に県内就職)をキーワードに本学の魅力を伝えるため、<a href="/whatsnew/koho/koho_file/2019/LeafletWork.pdf">就職情報リーフレット</a>を作成しました。<br/> 高校生の皆さん、熊大生の先輩のキャリアを参考にして、自分の「未来」を考えてみませんか?</p>&#13; <p><br/><br/><br/><br/><br/><br/><br/><br/><br/>   </p>&#13; <p> </p>&#13; <p class="cmt"/>&#13; <p class="cmt" style="text-align: center;"> </p>&#13; <address class="cmt"><strong> お問い合わせ </strong> <br/> 熊本大学 大学教育統括管理運営機構<br/>入試?就職戦略室<br/>096-342-2726</address>]]> No publisher 学生 その他 2019/12/24 13:10:00 GMT+9 ページ マレーシアから熊本大学へ留学![MARYAM BINTI AMIRIZAL(マリアム ビンティ アミリザル)さん]_大赢家比分即时比 /daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/people2/2019/p191220 マレーシアから熊本大学へ留学![MARYAM BINTI AMIRIZAL(マリアム ビンティ アミリザル)さん] <![CDATA[<div id="content-core">&#13; <div>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/index_file/now-short2.jpg/@@images/526e33fe-3981-4f9b-9548-fd02bbf31fb1.png" alt="now-short2.jpg" title="now-short2.jpg" width="545" height="138"/></p>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/people2/2019/yy5t4p/image01.jpg/@@images/5b3fd780-9bbc-40bc-9924-8d3d1c8303e2.jpeg" title="image01.jpg" alt="image01.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <h2>日本の漫画やアニメがきっかけで留学を決意!</h2>&#13;  マレーシアからの留学生のMARYAM BINTI AMIRIZAL(マリアム ビンティ アミリザル)さんは、文学部文学科超域言語文学コースに通っている2年生です。留学のきっかけは大好きな文化の言語が日本語だったこと。「子どもの頃から漫画やアニメが好きで、よく見たり読んだりしていました。この作品の本当の言語は何だ?と思い調べてみると、日本語だとわかりました」。そこから日本に留学することを考えたそうです。マレーシアで日本語学校に約20か月間通い、日本語を学びました。熊本大学のウェブサイトで紹介されていた「音声学」に興味をもち、熊本大学への留学を決意しました。<br/><br/> 熊本に住んで2年になるマリアムさん。「最初、熊本は東京から遠いなと思っていましたが、住んでみると九州は良いところだなと思います」。しかし文化の違いも多く驚いたこともあったようです。「日本では人を呼ぶときは苗字で呼ぶので、少し距離が遠いような気がして寂しいと感じました。でもレジの店員さんや市役所の人は笑顔で接客してくれたりフレンドリーに話してくれたりしてくれるのが驚きでした」。日本語学校時代に、日本人の先生が話してくれた日本の文化や慣習を、本当かなと思っていたというマリアムさん。「来日すると先生の話の通りだったと実感することが多いです」。</div>&#13; <div>?&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/people2/2019/yy5t4p/image02.jpg/@@images/eff2720a-a64a-485c-b7cf-5df5b826b465.jpeg" title="image02.jpg" alt="image02.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; </div>&#13; <div>&#13; <h2>勇気をもって話しかけることが日本語上達の秘訣</h2>&#13;  知らない人に話しかけるのには日本人にとっても勇気がいることですが、マリアムさんは思い切って話しかけてみることが日本語上達につながると教えてくれました。「私も入学式の日はとても緊張していましたが、勇気をもって自分から話しかけました。それがきっかけで仲良くなることができました。今では友人同士で好きな漫画やアニメなどの作品についてプレゼン大会をすることもあります。熱をもって話してくれるので面白いし、日本語の勉強にもなります」。さらにマリアムさんはノートテイクと手話のサークルにも所属。日本語の聞き取りと書き取りの練習になっているそうです。</div>&#13; <div>?<img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/people2/2019/yy5t4p/image03.jpg/@@images/02fc2d52-b4d8-46d1-b2f6-1b1514242410.jpeg" title="image03.jpg" alt="image03.jpg" class="image-inline"/></div>&#13; <div>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/people2/2019/yy5t4p/image04.jpg/@@images/44bf1a4b-e2ae-45e2-93c3-ded2977e9a19.jpeg" title="image04.jpg" alt="image04.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <br/>&#13; <h2>日本でしかできないことに挑戦してみたい</h2>&#13;  マリアムさんの将来の夢は、通訳や翻訳家になること。大学卒業後はマレーシアに帰国して、来日前に取り組んでいたアラビア語と中国語の勉強にも取り組みたいそうです。「他にも、現在サークル活動で学んでいる手話もがんばりたいと思います。帰国後はマレーシアの手話も学びたい」と話してくれました。「これからは、日本でしか経験できないことに挑戦してみたいと思っています。マレーシアは温暖な気候で雪が降らないので、今年の冬休みは新潟へ行ってスノーボードに挑戦したい。他にも日本でしかできないアクティビティにチャレンジしてみたいです」。<br/><br/></div>&#13; <div>&#13; <div> (2019年12月20日掲載)</div>&#13; <p/>&#13; </div>&#13; </div>]]> No publisher 学生 2019/12/20 08:30:00 GMT+9 ページ グローバル教育カレッジが「グローバル教育セミナー」を開催しました_大赢家比分即时比 /kokusaikouryuu/whatsnew/20191209 <![CDATA[<p> 令和元年12月2日(月)に、大学教育統括管理運営機構附属グローバル教育カレッジは、交流ラウンジにおいて、グローバル教育セミナーを開催しました。このセミナーは、カレッジが推進する「国際社会を牽引できる強い胆力<span>(</span>精神力<span>)</span>と、世界の国々で地域の文化に根ざし、柔軟な思考をもってグローバルに活躍出来る人材の育成」にあたり、本学学生にグローバルマインドを高めてもらうことを目的として開催したものです。</p>&#13; <p style="text-align: left;"> 講師は、国際政治?アメリカ外交?安全保障の専門家である同志社大学 村田晃嗣教授、テーマは「トランプ時代の日米関係」でした。トランプ政権の現在と未来、それに関わる日本?中国?韓国?ロシアの情勢を、人口問題?貿易問題を例に持論を展開されました。参加した教職員は、予想以上の興味深い内容と講師の話術に引き込まれ、あっと言う間に時間が過ぎました。</p>&#13; <p style="text-align: left;"> 質疑応答においても、グローバルリーダーコース生、留学生及び教員より活発な質問があり、「世界を長期的に観察するモチベーションを維持し、英語による情報収集に努めるように」などの助言をいただきました。</p>&#13; <p style="text-align: center;"><img src="/kokusaikouryuu/whatsnew-file/20191209-1.jpg/@@images/d7b6783c-9a53-4668-a7a2-23b15fe6bd28.jpeg" title="20191209-1.jpg" alt="20191209-1.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <p style="text-align: center;"> 講演会の様子</p>&#13; <p style="text-align: center;"><img src="/kokusaikouryuu/whatsnew-file/20191209-2.jpg/@@images/3b23407f-e355-4e69-b1b3-6ae7486dc318.jpeg" title="20191209-2.jpg" alt="20191209-2.jpg" class="image-inline"/><br/> 村田晃嗣 教授</p>]]> No publisher 学生 その他 2019/12/09 13:45:00 GMT+9 ページ 日本のサブカルチャーをゆる~く語りましょう![熊大漫研こんぺいとう]_大赢家比分即时比 /daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/people2/2019/p191021-1 日本のサブカルチャーをゆる~く語りましょう![熊大漫研こんぺいとう] <![CDATA[<div id="content-core">&#13; <div>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/index_file/now-short2.jpg/@@images/526e33fe-3981-4f9b-9548-fd02bbf31fb1.png" alt="now-short2.jpg" title="now-short2.jpg" width="545" height="138"/></p>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/people2/2019/zyavsb/image01.jpg/@@images/bf61782a-9559-4b41-a1ef-65cb7cc86e17.jpeg" title="image01.jpg" alt="image01.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <h2>漫画に限らず、サブカルチャーを語り合います</h2>&#13;  国内だけでなく、世界中から愛されている日本の漫画。今や日本を代表する文化の一つになっています。熊本大学は2019年春、文学部に漫画やアニメなどを含む文化資源を研究する現代文化資源学コースを設立しました。今、熊本大学では漫画がアツイ!と思いきや、熊大漫研こんぺいとうでは、40年以上も前から漫画について部員同士が語り合ってきたのです。今回は会長を務める工学部3年の辻村初葉(そよう)さんにお話を伺いました。<br/><br/> こんぺいとうの創設は1975年。当時はプロの漫画家を目指す集団だったそうですが、今は雰囲気が異なります。「『漫研』と掲げてはいますが、ゲームやアニメなど、いわゆるサブカルチャーが好きな人たちが集まって、絵を描いたり、好きな作品について語り合ったりしています」。こんぺいとうの活動は火曜日と金曜日の週2回。主な活動は、年に数回部内誌『FORUS(フォルス)』と部外誌『FORYOU(フォーユー)』の制作をし、紫熊祭などで展示することです。紫熊祭では他に、パネル展示、カレンダーやポストカードなどオリジナル商品の販売も行います。<br/><br/> 『FORUS』は最新号が176号となる歴史ある部内誌です。「『FORUS』は部員で出し合ったテーマの中から多数決で3つのテーマを選び、漫画を制作します。最新号のテーマは『炎』『大正ロマン』『雨』でした。『大正ロマン』のような過去にも扱っている王道テーマもあれば、今流行りのものからテーマを決めることもあります」。</div>&#13; <div>?&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/people2/2019/zyavsb/image02.jpg/@@images/c6939fc6-1ba9-46d2-8275-8aa69741f4ad.jpeg" title="image02.jpg" alt="image02.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; </div>&#13; <div>&#13; <h2>普段は個人活動を推奨、紫熊祭は団体で準備</h2>&#13;  こんぺいとうの中には個人的にコミケと呼ばれる同人誌即売会に出品する人もいるそうです。「コミケに部として参加することはありません。団体で参加しても、好きなものが異なるので、結局個人行動になってしまうからです(笑)。日々の活動もそうですが、個人活動を推奨しているのが他の部活とは違う特徴です」と話す辻村さん。しかし、紫熊祭に向けての準備は団体行動だと語ります。<br/><br/> 紫熊祭に向けての本格的な準備は夏休み明けからですが、辻村さんは夏休みに入る前から準備に対する意識を持つように部員に呼びかけを行ってきたそうです。「準備に対する意識というのは、印刷に使う紙の在庫を普段から管理することやプリンターを使えるようになること。特に入部したての学生はパソコンからデータをプリントアウトすることができない人が多いんです。だから、事前に聞いたり、調べたりして必要な知識を身に付けておくようにと呼びかけました」。体育会系の部活と異なり、顧問や先輩からの厳しい指導が日々飛び交うわけではないので、どうしても自発的に動く学生が少ないと感じている辻村さんは、「知らないことを知らないで済ませるのでなく、自ら動いて学んでいくことが大切だと思っています。そこで得た知識だけでなく、その行動もその人自身の収穫になるはずです」と語気を強めます。元々心配性だと語る辻村さん。1年生のころから、あらゆることに対して「これで大丈夫だろうか?」と気にし続けてきたそうです。「気になることがたくさんあって、それに備えていた分、そのノウハウが活かせたと思っています。それでも、『これで大丈夫かな?』と毎日心配していましたが…(笑)」。紫熊祭の展示には、小学校低学年ぐらいの小さな子どもから年配の方まで幅広い年齢層の方が訪れ、無料配布シールもなくなるほどの盛況でした。「紫熊祭が終わったら、役員交代になるので、自分のノウハウを後輩たちに引き継いで、次の会長にはもっと気楽に取り組んでもらいたいと思っています」。</div>&#13; <div>?<img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/people2/2019/zyavsb/image03.jpg/@@images/01438cc5-51f3-4647-8ba1-eda00137318e.jpeg" title="image03.jpg" alt="image03.jpg" class="image-inline"/></div>&#13; <div>&#13; <p/>&#13; <br/>&#13; <h2>「いいね!」と褒め合えるフレンドリーな関係が築けている</h2>&#13;  紫熊祭では来場者に作品についてのアンケートを採り、集計後、各作者に感想が返されます。辻村さんは、その感想を読むとき、やりがいを感じると話します。「自分の行動にレスポンスが返ってくるのが嬉しい。作品づくり中に部員に『いいね!』と声をかけてもらうのも励みになります。部内でも普段からみんなが『いいね!』と褒め合える雰囲気ができています。学年関係なく、フレンドリーな関係が築けていると思います」。OB?OGとの交流も多いそうで、そのときは、タテやヨコの関係ではなく、好きなジャンル同士でつながるという漫画研究会らしさも見られます。しかし、目上の人にはきちんと敬語を使うなど、礼節を守り、良い線引きができているのが、こんぺいとうの良いところだと辻村さんは語ります。<br/><br/> 現在、部員は30名。大学で初めて漫画研究会に入る人も多いそうです。「サブカルチャーが好きな皆さん、一緒にゆるく語り合いましょう」。<br/><br/></div>&#13; <div>&#13; <div>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/people2/2019/zyavsb/image04.jpg/@@images/2d64b4d4-6be5-4aec-af4c-56b58203cccc.jpeg" title="image04.jpg" alt="image04.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; </div>&#13; <div> (2019年12月5日掲載)</div>&#13; <p/>&#13; </div>&#13; </div>]]> No publisher 学生 2019/12/05 12:00:00 GMT+9 ページ 「女子学生のためのキャリアセミナー in 熊本大学」を開催しました_大赢家比分即时比 /daigakuseikatsu/careersupport/oshirase/2019/cr3u3b <![CDATA[<p><span>11</span>月<span>20</span>日に日経ウーマノミクス?プロジェクト実行委員会主催、熊本大学就職支援課共催で「女子学生のためのキャリアセミナー<span> in </span>熊本大学」を開催しました。</p>&#13; <p>日本経済新聞の中村奈都子女性面編集長が「自分らしく働くために今、知っておきたい3つのこと」と題して講演された他、企業で活躍する先輩女性社員3名をお招きし「将来の自分をイメージしよう~先輩女性社員から学ぶ」をテーマに、パネルディスカッションが行われました。</p>&#13; <p>今回参加した約<span>30</span>名の学生には、先輩社員の方が学生時代にがんばって取り組んだことや就職してからの失敗談、学生時代にやっておけばよかったことなど、普段はなかなか聞くことができない貴重な話を聞ける機会となりました。その後の軽食を取りながらの交流会では、先輩社員への質問が尽きず、盛況のうちに終了しました。</p>&#13; <p/>&#13; <p style="text-align: center;"><img src="/daigakuseikatsu/careersupport/oshirase/2019/lhm9g6/@@images/5b500cb5-c5fd-46e3-a6f4-98e8549fc347.jpeg" title="&#x5973;&#x5B50;&#x30BB;&#x30DF;&#x753B;&#x50CF;1.jpg" alt="&#x5973;&#x5B50;&#x30BB;&#x30DF;&#x753B;&#x50CF;1.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <p style="text-align: center;"><img src="/daigakuseikatsu/careersupport/oshirase/2019/aqxjuc/@@images/2b0fa21a-0913-4fe0-a725-e128fd84d1db.jpeg" title="&#x5973;&#x5B50;&#x30BB;&#x30DF;&#x753B;&#x50CF;2.jpg" alt="&#x5973;&#x5B50;&#x30BB;&#x30DF;&#x753B;&#x50CF;2.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <p><img src="/daigakuseikatsu/careersupport/oshirase/2019/vj80ab/@@images/47d7c901-a7cb-4f9e-837d-587b757005e0.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="&#x5973;&#x5B50;&#x30BB;&#x30DF;&#x753B;&#x50CF;3.jpg" alt="&#x5973;&#x5B50;&#x30BB;&#x30DF;&#x753B;&#x50CF;3.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <p><img src="/daigakuseikatsu/careersupport/oshirase/2019/5h8gzn/@@images/9ea0d2ce-3988-41a9-aeab-44af44128823.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="&#x5973;&#x5B50;&#x30BB;&#x30DF;&#x30DD;&#x30B9;&#x30BF;&#x30FC;.jpg" alt="&#x5973;&#x5B50;&#x30BB;&#x30DF;&#x30DD;&#x30B9;&#x30BF;&#x30FC;.jpg" class="image-inline"/></p>]]> No publisher 学生 2019/11/26 09:00:00 GMT+9 ページ 教育学部4年の倉原菜摘さんが「第58回全日本50km競歩高畠大会」の「一般女子50km競歩」種目で3位に入賞_大赢家比分即时比 /whatsnew/koho/2019/20191114 <![CDATA[<p> 陸上部の倉原菜摘さん(教育学部4年)が、10月27日(日)に開催された「全日本50km競歩高畠大会」の「一般女子50km競歩」種目で3位に入賞し、11月13日(水)に原田信志学長への報告を行いました。</p>&#13; <p> 原田学長は「おめでとう。全日本の大会で優秀な成績を収め、熊大として大変名誉なことです」と、お祝いとねぎらいの言葉をかけました。</p>&#13; <p> 倉原さんは「後半のタイムがよく、40kmを過ぎたところでも、友人からは笑っているように見えたそうです。終わってほしくないと思うくらい、楽しく競技に臨めました」と語りました。4年生の倉原さんは来年3月に卒業予定ですが、企業に就職してからも競技は続けるそうです。</p>&#13; <p><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191114-1.jpg/@@images/12a1d724-70c1-4f80-86b3-da91cc1b68ff.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="20191114-1" alt="20191114-1" class="image-inline"/></p>&#13; <p>?<img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191114-2.jpg/@@images/d29a0912-793c-42c3-9878-6086d8f05493.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="20191114-2" alt="20191114-2" class="image-inline"/></p>&#13; <p>?</p>&#13; <p style="text-align: center;"/>]]> No publisher 学生 2019/11/14 10:20:00 GMT+9 ページ 第8回「紫熊祭」が開催されました_大赢家比分即时比 /whatsnew/koho/2019/20191111 <![CDATA[<p> 令和元年11月2日(土)から11月4日(月)にかけて、第8回「紫熊祭」が熊本大学黒髪キャンパスで開催されました。</p>&#13; <p> 各サークルや団体による、ステージ企画や模擬店、展示、さらには大学の模擬授業企画のほか、小さな子どもたち向けのイベントもあり、終日賑わいを見せました。本年度は3連休中の開催となり、地域の方々や高校生、お子様連れのご家族などにもご来場いただき、例年以上に大盛況の学園祭になりました。</p>&#13; <p alt="" src="../../../resolveuid/cfc3a04bb2814c71b3069679d0958bbe/@@images/image/preview" class="image-inline"><a href="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191111-1.jpg"><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191111-1.jpg/@@images/805442d5-7294-4d1a-9146-61efdec20f3d.jpeg" title="20191111-1.jpg" alt="20191111-1.jpg" class="image-inline"/></a> <a href="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191111-2.jpg"><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191111-2.jpg/@@images/219938a8-0c34-4a6a-8b59-0362650b668c.jpeg" title="20191111-2.jpg" alt="20191111-2.jpg" class="image-inline"/></a><a href="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191008-3.jpg"> </a></p>&#13; <p alt="" src="../../../resolveuid/cfc3a04bb2814c71b3069679d0958bbe/@@images/image/preview" class="image-inline"><a href="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191111-3.jpg"><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191111-3.jpg/@@images/06d77174-fbe1-47a9-85a5-887d8fb3fff3.jpeg" title="20191111-3.jpg" alt="20191111-3.jpg" class="image-inline"/></a> <a href="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191111-4.jpg"><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191111-4.jpg/@@images/1b3cff9e-2e0b-4430-899c-6a8ae3768a15.jpeg" title="20191111-4.jpg" alt="20191111-4.jpg" class="image-inline"/></a></p>&#13; <p alt="" src="../../../resolveuid/cfc3a04bb2814c71b3069679d0958bbe/@@images/image/preview" class="image-inline"><a href="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191111-5.jpg"><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191111-5.jpg/@@images/2419382d-5b31-4135-8713-ef08ad3565fa.jpeg" title="20191111-5.jpg" alt="20191111-5.jpg" class="image-inline"/></a> <a href="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191111-6.jpg"><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191111-6.jpg/@@images/b748b690-170b-46b9-ab7a-01a16d602b94.jpeg" title="20191111-6.jpg" alt="20191111-6.jpg" class="image-inline"/></a></p>]]> No publisher 学生 2019/11/11 17:35:00 GMT+9 ページ 公認心理師法に基づく「公認心理師となるために必要な科目」の開講について_大赢家比分即时比 /kyouiku/torikumi/kouninshinrishi/copy_of_1 <![CDATA[<p> 本学 文学部総合人間学科及び教育学部学校教育(心理学)専修では、令和2年度以降の入学者を対象として、公認心理師受験の要件となっている科目を受講できるようになります。ただし、必要な科目の単位を修得し本学を卒業するだけでは、公認心理師の受験資格を得ることはできません。<span>(1)</span>大学院修士課程(又は博士前期課程)に進学し、必要な科目の単位を修得のうえ修了するか、<span>(2)</span>特定の施設で2年以上の実務経験を積む必要があります。</p>&#13; <p> 本学では、現在のところ、大学院において「公認心理師となるために必要な科目」を開講する予定はありませんので、<span>(1)</span>他大学の大学院に進学するか、<span>(2)</span>特定の施設に就職することになります(ここで言う特定の施設とは、公認心理師法施行規則第5条に規定されている施設を指します。詳細は厚生労働省HPで確認してください。)。</p>&#13; <p> なお、文学部では、民間資格である認定心理士養成は従来どおり行うため、所定の単位を修得し、社団法人日本心理学会より承認されれば、認定心理士の資格が取得できます。</p>&#13; <p> また、大学院教育学研究科(修士課程)では、これまで民間資格である臨床心理士養成を行って参りましたが、令和2年度に大学院が改組されることになり、専門職学位課程である教職大学院に一元化されますので、臨床心理士養成は平成30年度入学者をもって終了することになりました。今後は、教育学部学校教育(心理学)専修での公認心理師受験要件の科目受講のみが可能となります。</p>&#13; <p><span>?</span></p>&#13; <p>1.公認心理師とは</p>&#13; <p>   公認心理師は、2015年に制定された「公認心理師法」に基づく、心理職では初の国家資格です。</p>&#13; <p>2.公認心理師の業務とは</p>&#13; <p>   保健医療、福祉、教育、司法及び産業?労働の分野において、心理学に関する専門的知識及び技術をもって、次に掲げる行為を行うことを仕事とする者をいいます。</p>&#13; <p>   ① 心理に関する支援を要する者の心理状態の観察、その結果の分析<br/>   ② 心理に関する支援を要する者に対する、その心理に関する相談及び助言、指導その他の援助<br/>   ③ 心理に関する支援を要する者の関係者に対する相談及び助言、指導その他の援助<br/>   ④ 心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供</p>&#13; <p> 【参照:<a href="https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000116049.html">厚生労働省HP</a>】<br/><span> <br/></span></p>&#13; <p> 本学における具体の履修方法等は、今後、随時更新していきますので、確認してください。</p>]]> No publisher 学生 2019/11/06 15:10:00 GMT+9 ページ 中国駐福岡総領事館「中日青年科学技術行政官交流会」へ松本理事が参加しました_大赢家比分即时比 /whatsnew/koho/2019/20191018 <![CDATA[<p> 令和元年<span>10</span>月<span>9</span>日、中国駐福岡総領事館にて開催された「中日青年科学技術行政官交流会」に本学の松本泰道理事?副学長(研究?地方創生担当)が参加しました。</p>&#13; <p> 本交流会は、日中の科学技術分野における協力と人材交流の促進を目的として、中国駐福岡総領事館ならびに日本科学技術振興機構<span>(JST)</span>と中国科学技術行政官訪日団が共同で開催しているもので、今回は、主に環境?エネルギー分野に関係する行政官が訪日されました。</p>&#13; <p> 冒頭の挨拶で、何振良(か?しんりょう)総領事は、急速に成長する中国経済の影の部分と、かつて日本が高度経済成長期に経験した環境問題を取り上げ、環境?エネルギー分野における両国の学術的な連携?協力の重要性について述べられました。その後、当該分野の研究状況や今後の日中間における共同研究の創出、人材交流等について活発に意見が交わされました。</p>&#13; <p> 本学は、既に中国40の大学?研究機関と協定を結んでいますが、今後は、学生から研究者まで様々なレベルによる人材交流を一層促進させ、グローバル人材の育成や国際共同研究の創出を目指します。</p>&#13; <p><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191018-1.jpg/@@images/62b3c317-8fb1-43ee-9f7f-9ea2a1761c9b.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="20191018-1.jpg" alt="20191018-1.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <p style="text-align: center;"><span> 参加者集合写真<br/></span></p>&#13; <p><span><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191018-2.jpg/@@images/1c27acad-9f5b-43fb-98e1-11ff3ff8775c.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="20191018-2.jpg" alt="20191018-2.jpg" class="image-inline"/></span></p>&#13; <p style="text-align: center;"><span>? 交流会に先だって歓談する松本理事(左)と何総領事(右)</span></p>&#13; <p><span><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191018-3.jpg/@@images/17980059-dbbd-4c87-9b5a-b1baba988139.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="20191018-3.jpg" alt="20191018-3.jpg" class="image-inline"/></span></p>&#13; <p style="text-align: center;"><span> 交流会で挨拶する松本理事</span></p>]]> No publisher 学生 2019/10/18 11:15:00 GMT+9 ページ 本学学生スタートアップ「ETASTE」がクラウドファンディングに成功しました!_大赢家比分即时比 /whatsnew/koho/2019/20191011-1 <![CDATA[<p> 令和元年9月13日に、本学の学生8人チームによるフードシェアリングサービス「ETASTE(イーテイスト)」が、クラウドファンディングサービス「Campfire」で資金調達に成功しました。</p>&#13; <p> 彼らは、現在食料廃棄を無くすためのサービス開発を行っており、法人登記の費用やサーバー代に充てるための資金目標500,000円に対し、最終的に503,374円を集めました。ETASTEのメンバーは、自然科学教育部の大学院生3人(山下昂太さん、石黒晴也さん、中野柊人さん)、工学部生5人(川畑孝史さん、工藤昂大さん、木内泉美さん、西澤寿朗さん、中村航大さん)の計8人で構成されています。</p>&#13; <p> 代表の川畑さんは次のように話しています。「クラウドファンディングが成功したことによって、登記や開発を進めやすくなったのはもちろんですが、私たちが得られたものはそういった資金だけではありません。自分たちを応援してくれている人々の存在を感じることができたり、フードロスに関心のある人々の存在も再確認でき、私たちの使命は、たくさんの方々の思いのこもった使命でもあると感じることができました」</p>&#13; <p> ETASTEの取り組みは、本学主催の「夢プロジェクト<sup>*</sup>」にも採択されており、夢プロジェクトからの資金提供やメンタリング等、心強いサポートをうけることができたとのことです。 </p>&#13; <p> ETASTEは、まずは熊本中にサービスや取り組みを浸透させること、そして、日本?世界へと「食料廃棄を無くしたい」「もったいないを無くしたい」という意識とソリューションを広めて、理想の世界を目指すことを今後の展望に掲げているそうです。<br/> 現在、熊本での協力店舗は数十店舗とのことで、令和元年11月のリリースの際には熊本の食料廃棄削減に貢献することが期待されます。今後の彼らのさらなる活動に注目してください。</p>&#13; <p/>&#13; <p/>&#13; <p><sup>*</sup>夢プロジェクト:学生ならではの独創的な発想を、大学が起業化に向けて支援する起業体験プログラム。学生が主体的にプロジェクトを推進することにより起業家精神を学ぶことが出来ます。</p>&#13; <p/>&#13; <p><a href="https://camp-fire.jp/projects/182253/activities/98148#main">クラウドファンディングサービス「Campfire」のETASTEのページ</a></p>&#13; <p><a href="https://twitter.com/etaste_com">ETASTEのTwitterページ</a></p>&#13; <p/>&#13; <p><span><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/ETASTE.jpg/@@images/69231a3f-ec5a-4e41-896b-56c6615d1608.jpeg" title="ETASTE.jpg" alt="ETASTE.jpg" class="image-inline"/></span></p>&#13; <p><span>?</span></p>]]> No publisher 学生 2019/10/11 15:40:00 GMT+9 ページ 第23回熊本大学医学部「本九祭」が開催されました_大赢家比分即时比 /whatsnew/koho/2019/20191008 <![CDATA[<p> 令和元年9月28日(土)に、第23回熊本大学医学部「本九祭」が本荘キャンパスで開催されました。</p>&#13; <p> 医学生による手術体験や学会発表に関連した骨密度測定のブース、発生医学研究所による展示やラボツアー、各サークルによる活動紹介展示、ステージ企画、バザーなどが行われました。</p>&#13; <p> 天候にも恵まれ、幅広い年代の地域の皆様にご来場いただき、盛況のうちに終了することができました。</p>&#13; <p><a href="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191008-7.jpg"><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191008-7.jpg/@@images/4b762ffb-3100-48a6-a4fb-7f4385ac25cd.jpeg" title="20191008-7.jpg" height="200" width="200" alt="20191008-7.jpg" class="image-inline"/></a>?<a href="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191008-7.jpg"> </a> <a href="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191008-10.jpg"><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191008-10.jpg/@@images/da0d8e87-79ba-4064-9e50-61854213a9f5.jpeg" title="20191008-10.jpg" height="200" width="200" alt="20191008-10.jpg" class="image-inline"/>? </a><a href="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191008-1.jpg"><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191008-1.jpg/@@images/08cbc748-cf5a-4a2e-a31a-44f6ec719b7b.jpeg" title="20191008-1.jpg" height="200" width="200" alt="20191008-1.jpg" class="image-inline"/></a></p>&#13; <p><a href="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191008-4.jpg"><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191008-4.jpg/@@images/ee06a00e-162f-4e30-be3c-493e505bced7.jpeg" title="20191008-4.jpg" height="200" width="200" alt="20191008-4.jpg" class="image-inline"/></a>?<a href="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191008-4.jpg"> </a><a href="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191008-6.jpg"><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191008-6.jpg/@@images/543c97f5-7e92-4aec-a4e8-67c4e74f0e97.jpeg" title="20191008-6.jpg" height="200" width="200" alt="20191008-6.jpg" class="image-inline"/></a>?<a href="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191008-6.jpg"> </a><a href="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191008-2.jpg"><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191008-2.jpg/@@images/a7ad98b4-638f-4a87-88d1-982654b8e3fd.jpeg" title="20191008-2.jpg" height="200" width="200" alt="20191008-2.jpg" class="image-inline"/></a></p>&#13; <p><a href="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191008-8.jpg"><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191008-8.jpg/@@images/8393787d-8613-4fb7-b2bd-0931cee175a9.jpeg" title="20191008-8.jpg" height="200" width="200" alt="20191008-8.jpg" class="image-inline"/></a>?<a href="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191008-8.jpg"> </a><a href="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191008-3.jpg"><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191008-3.jpg/@@images/e0ad2350-e440-4722-b706-7ea967aaea65.jpeg" title="20191008-3.jpg" height="200" width="200" alt="20191008-3.jpg" class="image-inline"/></a>?<a href="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191008-3.jpg"> </a><a href="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191008-9.jpg"><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191008-9.jpg/@@images/8726d24d-10e9-43aa-bf68-83cd7685addb.jpeg" title="20191008-9.jpg" height="200" width="200" alt="20191008-9.jpg" class="image-inline"/></a></p>]]> No publisher 学生 2019/10/08 09:10:00 GMT+9 ページ 令和元年度熊本大学大学院秋季入学式を挙行しました_大赢家比分即时比 /whatsnew/koho/2019/20191001 <![CDATA[<p> 令和元年10月1日(火)に、熊本大学工学部百周年記念館にて令和元年度熊本大学大学院秋季入学式を挙行しました。</p>&#13; <p> 原田信志学長より新入生48名の入学が許可され、「将来の社会の世界的リーダーとなる皆さんは、自分の分野に関する高度な知識だけでなく、他の分野からの幅広い知識も習得する必要があることを覚えておいてください」「できるだけ多くの友達を作り、世界規模のネットワークを作ってください。議論するときには、お互いを理解し、お互いを尊重することも重要です」と歓迎と激励を込めた式辞が述べられました。</p>&#13; <p/>&#13; <p/>&#13; <p><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191001-2.jpg/@@images/620be0e6-69e6-4cb4-9c4f-7710ae0e1ed6.jpeg" title="20191001-2.jpg" width="350" alt="20191001-2.jpg" height="240" class="image-inline"/>   <img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191001-1.jpg/@@images/527bc27e-f1c9-4052-842c-daa06dc9d4aa.jpeg" title="20191001-1.jpg" width="350" alt="20191001-1.jpg" height="226" class="image-inline"/></p>&#13; <p><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191001-3.jpg/@@images/bf162538-c38c-4281-a8cb-4b77d13593b0.jpeg" title="20191001-3.jpg" width="350" alt="20191001-3.jpg" height="250" class="image-inline"/>   <img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20191001-4.jpg/@@images/01c4ab26-a994-4462-88f1-0055f11eeb68.jpeg" title="20191001-4.jpg" width="350" alt="20191001-4.jpg" height="208" class="image-inline"/></p>&#13; <p/>&#13; <p style="text-align: right;"/>&#13; <p><br/><br/></p>]]> No publisher 学生 2019/10/01 17:15:00 GMT+9 ページ 令和元年度秋季卒業式?修了式を挙行しました_大赢家比分即时比 /whatsnew/koho/2019/20190925 <![CDATA[<p> 令和元年<span>9</span>月<span>25</span>日、令和元年度熊本大学秋季卒業式?大学院秋季修了式が工学部百周年記念館で行われました。</p>&#13; <p> 本年度は学士<span>5</span>名、修士<span>20</span>名、博士<span>21</span>名の合計<span>46</span>名が卒業?修了し、それぞれ新たなステージへの一歩を踏み出しました。</p>&#13; <p>? 出席者への学位記授与に続き、原田信志学長から祝いの言葉が述べられるとともに、「本学の学生として卒業?修了されたことに自信と誇りを持っていただきたい?と、はなむけの言葉が贈られました。</p>&#13; <p>? 式典には、留学生の家族や友人等も参列し、式典終了後は記念写真を撮り合うなど、和やかな雰囲気に包まれました。</p>&#13; <p/>&#13; <p/>&#13; <p><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20190925-1.jpg/@@images/ce48aeee-bf6b-4d94-8150-0e729a745dee.jpeg" title="20190925-1.jpg" width="350" alt="20190925-1.jpg" height="240" class="image-inline"/>   <img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20190925-2.jpg/@@images/400f020e-055e-4255-b0ee-f2734606d431.jpeg" title="20190925-2.jpg" width="350" alt="20190925-2.jpg" height="226" class="image-inline"/></p>&#13; <p><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20190925-3.jpg/@@images/df4e2723-753c-4756-8a5c-9ed6181c96ea.jpeg" title="20190925-3.jpg" width="350" alt="20190925-3.jpg" height="250" class="image-inline"/>   <img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20190925-4.jpg/@@images/34b1d0bd-4cbb-429c-bf93-58cae34cba9c.jpeg" title="20190925-4.jpg" width="350" alt="20190925-4.jpg" height="208" class="image-inline"/></p>&#13; <p/>&#13; <p style="text-align: right;"/>&#13; <p><br/><br/></p>]]> No publisher 学生 2019/09/25 14:00:00 GMT+9 ページ 熊本県UIJターン合同就職面談会のお知らせ_大赢家比分即时比 /whatsnew/koho/2019/20190723 <![CDATA[<p>? 入試?就職戦略室では、地方創生の動きの中で、卒業生等の首都圏からの回帰のため、熊本県主催のUIJターン説明会の広報に協力しています。</p>&#13; <p>? 首都圏在住の卒業生の方で、熊本県での就職を希望される方や、卒業生以外の社会人の方で熊本県での就職を希望される方は、ぜひご参加ください。</p>&#13; <p class="cmt"><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2019/20190723.jpg/@@images/23b9313c-a0f4-4f7e-8ed5-afb7bbb675b7.jpeg" title="20190723.jpg" alt="20190723.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <p class="cmt" style="text-align: center;"> </p>&#13; <address class="cmt"><strong> お問い合わせ </strong> <br/> 熊本大学 大学教育統括管理運営機構<br/>入試?就職戦略室<br/>096-342-2726</address>]]> No publisher 学生 その他 2019/07/24 16:30:00 GMT+9 ページ 本学大学院生(教育学研究科)がAsia TEFLの第17回国際大会で修士論文研究を発表_大赢家比分即时比 /whatsnew/kyouiku/20190723 <![CDATA[<p><span> 6</span>月<span>27</span>日から<span>3</span>日間,<span>Asia TEFL</span>(<span>2002</span>年に設立されたアジア諸国における英語教授法研究学会)の第<span>17</span>回国際大会が,タイのバンコクにて開催されました(<span>Ambassador Hotel, Bangkok</span>)。研究者や英語教師が世界各地から集い,シンポジウム,コロキアム,ポスター発表を含む数多くの発表や講演が行われるアジアでは最大規模の権威ある学会です。当該国際大会に,発表要旨による書類審査を通過した本学大学院教育学研究科の大学院生<span>2</span>名(佐藤大河さん,前島新さん)と同大学院を<span>3</span>月に修了した<span>1</span>名(秋山拓志さん)が,長嶺寿宣准教授の指導の下で取り組んだ修士論文研究の成果を発表しました。</p>&#13; <p><span>?</span></p>&#13; <p> 大会初日(<span>27</span>日),秋山拓志さんが「<span>The Ideal vs. the Reality: Learner Autonomy in a Japanese EFL Context</span>」と題した英語学習者の自律性についての研究成果を発表しました。秋山さんは<span>4</span>月から佐賀県立唐津特別支援学校で教鞭を執っている現職の高校教員です。今回,長嶺准教授の働きかけで赴任先の学校長の許可を得て参加することができました。大会<span>2</span>日目(<span>28</span>日)は,前島新さんが「<span>Japanese EFL Learners’ Self-Efficacy Beliefs Regarding In-class Interactive Speaking Activities</span>」と題した英語学習者の自己効力感(英語による「やりとり」を中心とした言語活動に関わる信念に焦点をあてて)についての研究成果を披露しました。前島さんは修士課程修了後に高校教員になることを目指して研鑽しています。大会最終日(<span>29</span>日)には,佐藤大河さんが「<span>Exploring Japanese EFL Learners’ Situational Willingness to Communicate: A Qualitative Study</span>」と題した発表を行い,積極的にコミュニケーションをとろうとする姿勢?態度についての研究成果を議論しました。佐藤さんは実用英語技能検定1級と大分県の教員採用試験に合格しており,次年度<span>4</span>月から公立高校で教鞭を執り始めます。</p>&#13; <p><span>?</span></p>&#13; <p> 研究発表後は,世界的に著名な研究者を含む多くの参加者から様々なフィードバックやコメントを得ることができました。研究デザインやデータ分析手法,データ分析結果についての質疑を経験することによって,これまでの学術的探求の質と方向性を確認することができました。特に,修士論文研究の中間発表という位置づけで参加した佐藤さんと前島さんには,この経験から得た知見を生かして,修士論文の完成に向けて励んでいただきたいと思います。</p>&#13; <p>?</p>&#13; <p>?</p>&#13; <div class="e-responsive-table">&#13; <table class="noborder" style="width: 813px;">&#13; <tbody>&#13; <tr style="height: 323px;">&#13; <td style="width: 354px; height: 323px;"><img src="/whatsnew/kyouiku/kyouiku_file/1-Reception30.jpg/@@images/e8e8ad4c-63ac-4368-b6aa-917664802d43.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="convention hall" height="259" width="420" alt="convention hall" class="image-inline"/></td>&#13; <td style="width: 354px; height: 323px;"><img src="/whatsnew/kyouiku/kyouiku_file/2-Akiyama.jpg/@@images/3c2ad68f-fdd8-4d2d-bc9a-4bdcc56c2fdf.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="Akiyama" height="165" width="250" alt="Akiyama" class="image-inline"/></td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 44px;">&#13; <td style="text-align: center; vertical-align: top; width: 354px; height: 44px;">メイン会場(convention hall)の様子</td>&#13; <td style="text-align: center; vertical-align: top; width: 354px; height: 44px;">秋山拓志さん</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 340px;">&#13; <td style="width: 354px; height: 340px;"><img src="/whatsnew/kyouiku/kyouiku_file/3-Maeshima.jpg/@@images/7b89b24a-4fd9-4365-9013-e99667fe0287.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="Maeshima" height="153" width="250" alt="Maeshima" class="image-inline"/></td>&#13; <td style="width: 354px; height: 340px;">&#13; <p><img src="/whatsnew/kyouiku/kyouiku_file/4-Sato.jpg/@@images/c7e5df16-d4b1-4988-8871-5810aad0c5ea.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="Sato" alt="Sato" class="image-inline"/></p>&#13; </td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 44px;">&#13; <td style="width: 354px; text-align: center; height: 44px;">前島新さん</td>&#13; <td style="width: 354px; text-align: center; height: 44px;">佐藤大河さん</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 243.067px;">&#13; <td style="width: 354px; height: 243.067px;">&#13; <p style="text-align: center;"><img src="/whatsnew/kyouiku/kyouiku_file/5-Group-pic.JPG/@@images/2c67cf80-12d2-4422-abf8-100695614327.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="Group pic" alt="Group pic" class="image-inline"/></p>&#13; <p style="text-align: center;"><br/>4名で記念撮影</p>&#13; </td>&#13; <td style="width: 354px; text-align: center; height: 243.067px;"/>&#13; </tr>&#13; </tbody>&#13; </table>&#13; </div>&#13; <address><strong> お問い合わせ </strong> <br/> 教育学部事務課 総務担当 <br/> 096-342-2518</address>&#13; <p style="text-align: left;"/>&#13; <div class="left"/>]]> No publisher 学生 2019/07/23 13:35:00 GMT+9 ページ 夢のネイティブアメリカンの研究を実現!留学で学んだことを将来に活かしたい[杉本空駿(たかとし)さん]_大赢家比分即时比 /daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/people2/2019/p191021 夢のネイティブアメリカンの研究を実現!留学で学んだことを将来に活かしたい[杉本空駿(たかとし)さん] <![CDATA[<div id="content-core">&#13; <div>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/index_file/now-short2.jpg/@@images/526e33fe-3981-4f9b-9548-fd02bbf31fb1.png" alt="now-short2.jpg" title="now-short2.jpg" width="545" height="138"/></p>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/people2/2019/1021/image01.jpg/@@images/87a0e92e-d221-42c5-8a86-f2588dfa5e48.jpeg" title="image01.jpg" alt="image01.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <h2>就職活動の時期に留学を決意!語学の勉強、奨学金の申請に一苦労!</h2>&#13;  熊本大学には、大学の学生交流協定校へ約半年~1年間留学する交換留学制度があります。今回は、アメリカのモンタナ州立大学へ約10カ月間の交換留学へ行った、文学部4年の杉本空駿さんにお話を伺いました。<br/><br/> 高校時代、世界史の先生に影響を受けて、少数民族に興味を持った杉本さん。特にネイティブアメリカンについて、もっと深く勉強をしたいと熊本大学へ入学し、文化人類学研究室に入ります。一方で、長期留学に挑戦してみたいという思いも高校生のころから漠然とあったそうです。「最初は研究のために留学したいわけではありませんでした。ただ、3年生の春、周りが就職活動やインターンシップの話をしている時期も、僕は留学のことを考えていて、家族や友達、研究室の先生に相談をしたんです。その中で、留学先で研究を続けるという方法もある、と先生に教えていただきました。たくさん悩みましたが、最後に決めるのは自分だから、と留学を決心しました」。3年生の夏が始まるころのことでした 。<br/><br/> それからは急いで留学の準備!大学での交換留学の手続きとIELTS(※1)の勉強、「トビタテ!留学ジャパン」(※2)の奨学金の申請をほぼ同時進行で進めたそうです。「周りの友達がインターンシップの最中に、僕はIELTSの勉強。友人と共通の話題も少なくなり、勉強へのモチベーションを保つのが難しかったです。奨学金は、申請から採択が決まるまで半年以上時間がかかり、早めの準備が必要だったと実感しました」。<br/><br/><br/>※1IELTS…英語検定の1つで、留学やビザ申請の際に一定以上のスコアが必要となる。<br/>※2トビタテ!留学ジャパン…文部科学省が官民協働で取り組む海外留学支援制度。</div>&#13; <div>?&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/people2/2019/1021/image02.jpg/@@images/791b8bfb-822c-47df-a7c6-7dfa465a0452.jpeg" title="image02.jpg" alt="image02.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; </div>&#13; <div>&#13; <h2>ネイティブアメリカンへインタビューを実施!</h2>&#13;  晴れて2018年8月に渡米。前半の半年間は、大学の授業でネイティブアメリカンについて基礎知識を固めました。「事前に英語は勉強していきましたが、最初の2~3カ月は、英語を聞き取ることで精一杯でした。要点を押さえて、自分の意見を主張すると理解が深まっていくことに気がつくと、楽に聞いたり話したりできるようになりました」と杉本さんは振り返ります。前期は座学の講義を履修していましたが、後期はディスカッションを行う講義を履修し、他の留学生たちと議論を深めたそうです。「自分の興味?関心に基づいた授業も受けました。カメラが好きなので、自分で撮影してきた写真を題材に議論し合う授業が楽しかったですね」。<br/><br/> そして、大学でネイティブアメリカンの血が入っている学生と出会い、彼の親戚が住む居留地で残りの半年間調査を行いました。この調査結果をこれから卒業論文にまとめていくそうです。</div>&#13; <div>?</div>&#13; <div>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/people2/2019/1021/image03.jpg/@@images/2d048710-00e3-4190-b6f6-e2bcf54f1255.jpeg" title="image03.jpg" alt="image03.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <br/>&#13; <h2>本場のスポーツを堪能!留学中の学びを将来に生かしたい</h2>&#13;  留学中は寮生活と一人暮らしの両方を体験した杉本さん。食事は、寮では食堂でとり、一人暮らしを始めてからは自炊をしていたそうです。「両方体験できてよかったです。やはり日本食が美味しいのは間違いないですが、アメリカは肉と野菜が美味しかったですね。じゃがいもは7kg200円くらいで売ってあったので、よく買って料理していました」。<br/><br/> また、留学中はスポーツも楽しんだといいます。モンタナ州は自然あふれる地域で、スキーにスノーボード、ハイキング、川釣り、狩猟も楽しんだそうです。その中で特に夢中になったのが、ボルダリングと大学スポーツ観戦。「大学構内にボルダリングの施設があったので、やってみたら、見事にハマりました。専用のシューズも買って、今でも続けています」。大学スポーツ観戦については、「毎月1回、週末にアメフトやバスケの試合がありました。その日はお店も早く閉まって、地域のみんなが試合を見に来て、盛り上がりました。今でも自分の大学や強豪チームの様子をニュースで追いかけてます」と熱く語ります。<br/><br/> 留学中は多種多様な意見を取り入れようと、様々な背景を持つ人々と積極的に関わったという杉本さん。「孤独感を感じることはありましたが、学びも多かったです。この学び、特に人との関係構築力というのは、仕事だけでなく、自分の将来に生きてくると思っています」。将来は、趣味のカメラが生かせる報道カメラマンになりたいそうです。<br/><br/> 最後に自身の留学を振り返り「心身共に鍛えた、修行の10カ月だった」と締めくくりました。</div>&#13; <div>&#13; <div>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/people2/2019/1021/image04.jpg/@@images/f50b6b43-b76e-4f26-b680-c5988a971f0a.jpeg" title="image04.jpg" alt="image04.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; </div>&#13; <div> </div>&#13; <div/>&#13; <div><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/people2/2019/1021/image05.jpg/@@images/3b9e1c54-ca54-443e-957e-cce767178fb7.jpeg" title="image05.jpg" alt="image05.jpg" class="image-inline"/></div>&#13; <div/>&#13; <div/>&#13; <div/>&#13; <div><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/people2/2019/1021/image06.jpg/@@images/d6ffe9b0-afd6-4e4c-980f-caf0519b180a.jpeg" title="image06.jpg" alt="image06.jpg" class="image-inline"/></div>&#13; <div/>&#13; <p>(2019年10月21日掲載)</p>&#13; <p/>&#13; </div>&#13; </div>]]> No publisher 学生 2019/06/26 14:35:00 GMT+9 ページ