最新のお知らせ?イベント_大赢家比分即时比 /rss daily 1 教育学部?教育学研究科 美術科「令和2年度 卒業?修了制作展」開催のご案内_大赢家比分即时比 /event/kyouiku/20210226 <![CDATA[<div class="eventdata">&#13; <div class="eventimg"><span class="noicon"> <img src="/event/kyouiku/bijyutugazou-R2.jpg/@@images/d8322539-8948-471c-bd32-e438a0cc20e3.jpeg" title="&#x4EE4;&#x548C;2&#x5E74;&#x5EA6;&#x7F8E;&#x8853;&#x79D1;&#x5352;&#x696D;&#x30FB;&#x4FEE;&#x4E86;&#x5C55;&#x753B;&#x50CF;" width="160" alt="&#x4EE4;&#x548C;2&#x5E74;&#x5EA6;&#x7F8E;&#x8853;&#x79D1;&#x5352;&#x696D;&#x30FB;&#x4FEE;&#x4E86;&#x5C55;&#x753B;&#x50CF;" height="226" class="image-inline"/> </span>&#13; <p><a href="/event/kyouiku/bxqs1x" target="_blank" rel="noopener noreferrer"> ポスター </a> (PDF 356KB)</p>&#13; </div>&#13; <p>熊本大学教育学部美術科では、熊本県立美術館分館にて令和2年度卒業?修了制作展を開催します。<br/>昨年度は大赢家比分即时比の影響により中止となりましたが、先生方や大学関係者の方々、<br/>その他、多くの人のご協力により開催させていただく運びとなりました。<br/>学生のこれまでの研究の成果を発表致します。<br/>まだまだ未熟な点が多々ございますが、ぜひご来館いただき、今後の精進の糧として忌憚のない<br/>ご意見、ご助言をいただければ何よりの励みとなります。<br/>何卒ご高覧いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。<br/>なお、同時に同学部1,2,3年次による在科生展も開催致します。<br/> <a href="http://www.educ.kumamoto-u.ac.jp/~art/index.html"> <br/></a></p>&#13; <div class="e-responsive-table">&#13; <table>&#13; <tbody>&#13; <tr>&#13; <th scope="row">場所</th>&#13; <td>熊本県立美術館分館4階展示室 (熊本市中央区千葉城町2-18) <a href="http://branch.museum.pref.kumamoto.jp/html/annai/#access"> アクセス </a></td>&#13; </tr>&#13; <tr>&#13; <th scope="row">期間</th>&#13; <td>令和3年3月2日(火)~3月7日(日)</td>&#13; </tr>&#13; <tr>&#13; <th scope="row">時間</th>&#13; <td>&#13; <div>平日:9:30~18:30(入館は18:00まで) <br/> 休日:9:30~17:15(入館は16:45まで) <br/><br/></div>&#13; </td>&#13; </tr>&#13; <tr>&#13; <th scope="row">申し込み</th>&#13; <td>不要</td>&#13; </tr>&#13; <tr>&#13; <th scope="row"><strong> 入場料 </strong></th>&#13; <td>無料</td>&#13; </tr>&#13; </tbody>&#13; </table>&#13; </div>&#13; <p><span class="visualClear"> </span></p>&#13; <address><strong style="background-color: #eeeeee;"> お問い合わせ </strong> <br/> 教育学部美術科 松永 拓己<br/> 096-342-2678</address></div>]]> No publisher 一般 イベント 令和2年度卒業式?修了式の実施について_大赢家比分即时比 /whatsnew/koho/2020/20210225 <![CDATA[<p>                                                 令和3<span/>年<span>2</span>月25<span/>日</p>&#13; <p style="text-align: left;">卒業生、修了生の皆様<br/>保護者、ご家族の皆様</p>&#13; <p style="text-align: right;"><br/>熊本大学長 原田 信志</p>&#13; <p> 熊本大学では、令和2年度熊本大学卒業式?修了式を下記の要領で実施することとしましたので、お知らせいたします。<br/> 卒業生、修了生、保護者、ご家族、並びに関係の皆さまにおかれましては、この日を心待ちにされていたことと存じますが、大赢家比分即时比感染症拡大の防止という観点から、皆さまの安全確保を優先させるべきと考え、卒業生?修了生の代表者により規模を縮小して実施することといたしました。<br/> なお、学位記等の授与につきましては、後日、各部局等から連絡を行います。<br/> 皆さまにおかれましては、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。</p>&#13; <p/>&#13; <p style="text-align: center;">記</p>&#13; <p style="text-align: left;">  【令和2年度熊本大学卒業式?修了式】<br/>   日 時:令和3年3月25日(木)午前10時から<br/>   場 所:熊本県立劇場<br/>   出席者:卒業生?修了生のうち各部局等の代表者<br/>      (対象の方には、各部局等から連絡を行います。)<br/>   備 考:出席者以外の卒業生、保護者等、在学生の皆さまの来場はご遠慮頂きますようお願いします。<br/>       卒業式の模様をインターネットで配信することを検討しています。</p>&#13; <p/>&#13; <p style="text-align: left;"><span>?</span></p>&#13; <p/>&#13; <p style="text-align: right;"><span>?</span></p>]]> No publisher その他 ページ 生命科学研究部(薬学系)退職記念講演会を開催します_大赢家比分即时比 /event/seimei/20210224 <![CDATA[<div class="eventdata"> このたび、本学部 入江徹美 教授(薬剤情報分析学)が令和3年3月31日をもって定年退職されることとなりました。<br/> また、令和2年3月31日に退職されました、平田純生 元教授(臨床薬理学)におかれましては、大赢家比分即时比の感染拡大の影響から退職記念講演が延期となっておりました。&#13; <p> つきましては、両教授のご退職を記念いたしまして、標記講演会を下記により開催することとなりましたので、ご多忙中のこととは存じますが、ご来聴下さるようご案内申し上げます。</p>&#13; <p> なお、ご参加の際には、以下のWebサイトより事前登録をお願いいたします。 <br/> <a href="https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_LfDUPj_6Tq--NvqzAbUHUg">https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_LfDUPj_6Tq--NvqzAbUHUg</a></p>&#13; <p/>&#13; <div class="e-responsive-table">&#13; <table>&#13; <tbody>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th scope="row" style="height: 45px;">日時</th>&#13; <td style="height: 45px;">令和3年3月12日(金)14:30?17:20</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 129px;">&#13; <th scope="row" style="height: 129px;">場所</th>&#13; <td style="height: 129px;">&#13; <p>薬学部(大江)総合研究棟2階 多目的ホール<br/>※コロナ感染症対策のため会場は、60名までに制限させていただきます。<br/> 併せてZoomで同時配信いたします。<br/> <span class="fontcolor1"> </span></p>&#13; </td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 73.5333px;">&#13; <th scope="row" style="height: 73.5333px;">講演時間</th>&#13; <td style="height: 73.5333px;">14:40~15:40 平田 純生 元教授(臨床薬理学) <br/>16:00~17:00 入江 徹美 教授(薬剤情報分析学)</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 95px;">&#13; <th scope="row" style="height: 95px;">お問い合わせ</th>&#13; <td style="height: 95px;">医薬保健学系事務課 薬学系事務室総務担当<br/>sky-somu@jimu.kumamoto-u.ac.jp</td>&#13; </tr>&#13; </tbody>&#13; </table>&#13; </div>&#13; <p><strong> <span class="fontL"><br/></span> </strong></p>&#13; <div class="e-responsive-table"/>&#13; </div>&#13; <p/>]]> No publisher 在学生 卒業生 一般 イベント 株式会社ニューコ?ワンとの共同企画による展示会を開催しました_大赢家比分即时比 /whatsnew/koho/2020/20210224 <![CDATA[<p> 熊本大学は株式会社ニューコ?ワンと令和2年<span>10</span>月に覚書を締結し、同社が運営する<span>TSUTAYA</span>及び蔦屋書店において、共同企画による展示会を不定期で開催しています。</p>&#13; <p> 令和2年度は、教育学部美術科の学生による作品の展示や永青文庫研究センターによる研究成果の展示を行いました。</p>&#13; <p> <span>1</span>月<span>30</span>日から<span>2</span>月<span>5</span>日まで蔦屋書店熊本三年坂において行われた「<span>1620</span>年代 細川家の葡萄酒製造とその背景」展では、研究成果をパネルで展示するとともに、関連書籍や復刻されたワインの販売も行われました。</p>&#13; <p> 今後も継続して様々な展示を計画しており、大学における教育研究成果を広く県民に公開していく予定です。</p>&#13; <p style="text-align: center;"><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2020/20210224-1-1.jpg/@@images/9ccc4cf2-bbe6-4037-b740-749f943a9def.jpeg" title="20210224-1.jpg" alt="20210224-1.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <p style="text-align: center;">「<span>1620</span>年代 細川家の葡萄酒製造とその背景」展の様子</p>&#13; <p style="text-align: center;"><img src="/whatsnew/koho/koho_file/2020/20210224-2.jpg/@@images/10d8b849-a687-4fa9-865b-f7b6eb01ee72.jpeg" title="20210224-2.jpg" alt="20210224-2.jpg" class="image-inline"/> <img src="/whatsnew/koho/koho_file/2020/20210224-3.jpg/@@images/cef6309a-169b-4fb2-b066-9c1cd8130553.jpeg" title="20210224-3.jpg" alt="20210224-3.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <p style="text-align: center;">教育学部美術科の学生による作品展示の様子</p>]]> No publisher その他 ページ 腹水中の老化細胞が胃がん腹膜播種の増大を引き起こす新たなメカニズムを解明!ーがん腹膜播種完全コントロールに向けた挑戦ー_大赢家比分即时比 /whatsnew/seimei-sentankenkyu/20210224 <![CDATA[<p><strong>(ポイント)</strong></p>&#13; <ul>&#13; <li>細胞老化<sup>※1</sup>を起こしたがん関連線維芽細胞(CAFs)<sup>※2</sup>が、がん細胞の進展を促進するタンパク質を長期にわたり分泌し続けるメカニズムを明らかにしました。</li>&#13; <li>がん腹膜播種<sup>※3</sup>を起こした胃がん患者の腹水中に、老化関連タンパク質を長期間分泌するがん関連線維芽細胞(CAFs)が存在し、がん腹膜播種の増大に関わることを証明しました。</li>&#13; <li>がん腹膜播種に対する、新たな治療戦略に向け大きな可能性を見出しました。</li>&#13; </ul>&#13; <p><strong>(概要説明)</strong></p>&#13; <p> 熊本大学 国際先端医学研究機構(IRCMS) 消化器がん生物学(研究責任者:石本崇胤特任准教授)の安田忠仁研究員、小岩麻由(医学科学生)、大学院生命科学研究部消化器外科学の馬場秀夫教授らの研究グループは、がん研究所、シンガポール国立大学との共同研究により、がん関連線維芽細胞(CAFs)の細胞老化が、胃がん腹膜播種巣の進展に重要であることを、がん性腹水を用いた細胞分画の解析によって証明しました。これにより、スキルス胃がんによる腹膜播種患者に対して、播種巣のがん細胞だけでなく、CAFsをターゲットとした今までにないがん腹膜播種の治療法の開発が期待できます。この研究成果は、令和3年2月23日午前11時(米東部時間)に、米国Cell press社が刊行する国際的科学雑誌「Cell Reports」のオンライン版に掲載されました。</p>&#13; <p> </p>&#13; <p><strong>(用語解説)</strong></p>&#13; <p>※1:細胞老化:</p>&#13; <p>DNA損傷、がん遺伝子の活性化、ストレスなどで誘導される不可逆的な細胞増殖の停止を指す。細胞老化を起こした細胞はがんの増殖にかかわる老化関連タンパク質を合成?分泌し、慢性の炎症を起こす。</p>&#13; <p>※2:がん関連線維芽細胞<span>(cancer associated fibroblasts: CAFs):</span></p>&#13; <p>がん微小環境<span>(</span>がん細胞の周りの組織<span>)</span>を構成する線維芽細胞<span>(</span>がん微小環境を構成するコラーゲンを産生する細胞<span>)</span>であり、がん細胞の悪性化に関わるさまざまな因子を分泌することが知られている。</p>&#13; <p>※3:腹膜播種:</p>&#13; <p>がん細胞が胃や腸などの臓器の壁を突き破り、お腹の中に散らばって、臓器とお腹の壁の内側を覆っている薄い膜<span>(</span>腹膜<span>)</span>へ生着すること。</p>&#13; <p>??</p>&#13; <p><strong>(論文情報)</strong></p>&#13; <p>論文名:Inflammation-driven senescence-associated secretory phenotype in cancer-associated fibroblasts enhances peritoneal dissemination<span/><span><br/></span>著者:Yasuda T, Koiwa M, Yonemura A, Miyake K, Kariya R, Kubota S, Yokomizo-Nakano T, Yasuda-Yoshihara N, Uchihara T, Itoyama R, Bu L, Fu L, Arima K, Izumi D, Iwagami S, Eto K, Iwatsuki M, Baba Y, Yoshida N, Ohguchi H, Okada S, Matsusaki K, Sashida G, Takahashi A, Tan P, Baba H and Ishimoto T.</p>&#13; <p><span/>掲載誌:Cell Reports<br/>doi:10.1016/j.celrep.2021.108779<br/>URL:<span/>https://doi.org/10.1016/j.celrep.2021.108779</p>&#13; <p><span>?</span></p>&#13; <p><span><strong>(詳細)<br/></strong></span>? <a href="/daigakujouhou/kouhou/pressrelease/2020-file/release210222-2.pdf">プレスリリース本文</a>(PDF468KB)</p>&#13; <address><strong> お問い合わせ </strong> <br/>&#13; <p>熊本大学 国際先端医学研究機構(IRCMS)<br/>担当:石本崇胤<span>(</span>特任准教授<span>)</span><br/>電話:096-373-6847<br/>e-mail:taka1516※kumamoto-u.ac.jp<br/>(迷惑メール対策のため@を※に置き換えております)</p>&#13; </address>]]> No publisher 研究 ページ 令和4年度熊本大学医学部医学科における入学者選抜方法の変更について_大赢家比分即时比 /nyuushi/whatnew/oshirase/igakka-nyushisenbatsuhenkou <![CDATA[<p><strong>学校推薦型選抜Ⅱ(大学入学共通テストを課す)において新たな入試区分を設定することに伴い、<span style="text-decoration: underline;">各選抜区分の募集人員を変更します。<br/></span>詳細は、<a href="/nyuushi/gakubunyushi/index" target="_blank" rel="noopener noreferrer">こちら</a>のページの「入試概要(予告等)」項目の「医学部医学科における入学者選抜方法の変更について」を確認してください。<br/></strong></p>]]> No publisher 入試 ページ ケトン体合成の新たな作用を発見~ケトン体合成によるミトコンドリア保護~_大赢家比分即时比 /whatsnew/seimei/20210219 <![CDATA[<p>【ポイント】</p>&#13; <ul>&#13; <li>ケトン体合成によりミトコンドリアが保護されるメカニズムを解明しました。</li>&#13; <li>新生児期にケトン体合成が活性化される意義を明らかにしました。</li>&#13; </ul>&#13; <p>【概要】</p>&#13; <p> 熊本大学大学院生命科学研究部 循環器内科学講座、熊本大学国際先端医学研究機構、熊本大学大学院生命科学研究部附属健康長寿代謝制御研究センターの有馬勇一郎助教、西山功一准教授、辻田賢一教授らは、ケトン体合成不全マウスを作製?解析し、ケトン体合成にミトコンドリアを保護する作用があることを確認しました。</p>&#13; <p> 本研究成果は、医学雑誌「Nature Metabolism」にグリニッジ標準時(UTC)時間の令和3年2月18日(木)16:00【日本時間の2月19日(金)1:00】に掲載されました。</p>&#13; <p> なお本研究は、熊本大学生命資源研究?支援センター 資源開発分野の中川佳子研究員、竹尾透教授、熊本大学発生医学研究所 細胞医学分野の日野信次朗准教授、中尾光善教授ら複数の研究グループとの共同研究です<sup><span>*1</span></sup>。日本学術振興会、日本医療研究開発機構(<span>AMED</span>)など複数の研究助成を受けて行われました<sup><span>*2</span></sup>。</p>&#13; <p>【研究資金等】</p>&#13; <p><sup>*1</sup>本研究は熊本大学以外においても以下の研究室に御協力いただきました。</p>&#13; <ul>&#13; <li>広島大学大学院統合生命科学研究科分子遺伝学研究室 山本卓教授、佐久間哲史准教授<span>(</span>ケトン体合成不全マウスの作製<span>)</span></li>&#13; <li>東京大学 代謝生理化学分野 栗原裕基教授、礪波一夫助教、北沢悠美子博士(<span>Sirtuin3</span>過剰発現マウスの作製?提供)<span/></li>&#13; </ul>&#13; <p><sup>*2</sup>本研究は以下の助成を受けて行われました。</p>&#13; <ul>&#13; <li>有馬勇一郎:科学研究費補助金<span>(19K08520,17K16014)</span>、日本循環器学会基礎研究助成、公益財団法人住友財団基礎科学研究助成、武田科学振興財団研究助成、かなえ医薬振興財団助成、小野医学研究財団研究奨励助成、日本応用酵素協会</li>&#13; <li>竹尾透:日本医療研究開発機構(<span>AMED</span>)創薬基盤推進研究事業「マウスバンク機能の拡充による創薬イノベーションの迅速化」</li>&#13; <li>辻田賢一:科学研究費補助金<span>(18K08110)</span></li>&#13; </ul>&#13; <p>【論文情報】</p>&#13; <ul style="list-style-type: disc;">&#13; <ul style="list-style-type: disc;">&#13; <li>論文名:Murine neonatal ketogenesis preserves mitochondrial energetics by preventing protein hyperacetylation</li>&#13; <li>著者:Yuichiro Arima<sup>*</sup>, Yoshiko Nakagawa<sup>*</sup>, Toru Takeo<sup>*</sup>, Toshifumi Ishida, Toshihiro Yamada, Shinjiro Hino, Mitsuyoshi Nakao, Sanshiro Hanada, Terumasa Umemoto, Toshio Suda, Tetsushi Sakuma, Takashi Yamamoto, Takehisa Watanabe, Katsuya Nagaoka, Yasuhito Tanaka, Yumiko K Kawamura, Kazuo Tonami, Hiroki Kurihara, Yoshifumi Sato, Kazuya Yamagata, Taishi Nakamura, Satoshi Araki, Eiichiro Yamamoto, Yasuhiro Izumiya, Kenji Sakamoto, Koichi Kaikita, Kenichi Matsushita, Koichi Nishiyama, Naomi Nakagata, and Kenichi Tsujita <br/>(*These authors equally contributed to this work.)</li>&#13; <li>掲載雑誌:Nature Metabolism</li>&#13; <li>doi:10.1038/s42255-021-00342-6</li>&#13; <li>URL:https://www.nature.com/articles/s42255-021-00342-6</li>&#13; </ul>&#13; </ul>&#13; <p/>&#13; <p>【詳細】 <a href="/daigakujouhou/kouhou/pressrelease/2020-file/release210218.pdf">プレスリリース本文</a> (PDF475KB)</p>&#13; <p/>&#13; <address><strong>お問い合わせ</strong><br/>熊本大学大学院生命科学研究部 循環器内科学講座<br/>担当:助教 有馬勇一郎(ありまゆういちろう)<br/>電話:096-373-5175<br/>E-mail:arimay※kumamoto-u.ac.jp<br/>(迷惑メール対策のため@を※に置き換えております)</address>]]> No publisher 研究 ページ 令和2年度「女性研究者奨励賞」の表彰式を実施しました_大赢家比分即时比 /whatsnew/jinji/syoureisyou <![CDATA[<p> 熊本大学は、2月16日に令和2年度女性研究者奨励賞の表彰式を開催しました。</p>&#13; <p> 本制度は、各分野において優れた研究成果を挙げた女性研究者及び将来性のある若手女性研究者を表彰することにより、女性研究者の更なる活躍を支援するとともに、学術分野における男女共同参画推進に資することを目的として平成28年度に創設され、今回で5回目の実施となりました。</p>&#13; <p> 熊本県内の女性研究者を対象に昨年10月から12月にかけて公募を行い、優秀な女性研究者からの応募を得ることができました。</p>&#13; <p> 厳正なる選考の結果、将来性が期待できる40歳以下の若手研究者を対象とした女性研究者奨励賞には、豊田真子氏(熊本大学ヒトレトロウイルス学共同研究センター?特定事業研究員)が選出されました。</p>&#13; <p> なお、女性研究者のロールモデルとして推奨するにふさわしい人格と識見を有する者を対象とした女性研究者賞については、応募者がいなかったため、今年度は受賞者なしという結果でした。</p>&#13; <p> 表彰式は、大赢家比分即时比感染症拡大防止の観点から、研究発表会を実施しないなど、例年と比べ簡略化した形での開催となりました。</p>&#13; <p> 豊田氏には、表彰状及び副賞として熊本県の伝統工芸品である肥後象嵌のアクセサリーが贈呈されました。</p>&#13; <p/>&#13; <p><img src="/whatsnew/jinji/jinji-file/syoureisyou/@@images/f74a77ff-9550-43c3-baad-f99bbc2e1a40.jpeg" title="R3&#x3000;&#x5973;&#x6027;&#x7814;&#x7A76;&#x8005;&#x8CDE;&#x5968;&#x52B1;&#x8CDE;&#x8868;&#x5F70;&#x5F0F;" height="379" width="573" alt="R3&#x3000;&#x5973;&#x6027;&#x7814;&#x7A76;&#x8005;&#x8CDE;&#x5968;&#x52B1;&#x8CDE;&#x8868;&#x5F70;&#x5F0F;" class="image-inline"/></p>&#13; <p> 左から、松本泰道理事(研究?地方創生担当)、豊田真子氏、原田信志学長、宮瀬美津子副学長(男女共同参画担当)</p>]]> No publisher 研究 ページ 点と点をつなげる新しい発想で健康長寿に寄与する_大赢家比分即时比 /daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/kumadai_now_file_2020/20210218 <![CDATA[<div id="content-core">&#13; <div>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/index_file/now-short2.jpg/@@images/526e33fe-3981-4f9b-9548-fd02bbf31fb1.png" alt="now-short2.jpg" title="now-short2.jpg" width="545" height="138"/></p>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/kumadai_now_file_2020/syutou_file/image01.jpg/@@images/d5e3edd1-5268-41c8-bf12-9bc25aaf0c94.jpeg" title="image01.jpg" alt="image01.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <p><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/kumadai_now_file_2020/syutou_file/kennji_top.jpg/@@images/c64eed55-09b8-4d78-a4de-61c4a2b25c38.jpeg" title="kennji_top.jpg" alt="kennji_top.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <h2>細胞と線虫の研究をつないだ新しい観測手法</h2>&#13; 健児くん(以下◆):今回発表された、線虫を使った健康寿命の測定手法の開発とはどんな研究ですか?<br/><br/>首藤先生:きっかけになったのは線虫の寿命を測定する新しい方法はないか、という発想です。<br/>線虫は、体長が1ミリほどの動物。小さい動物ですが、人間と同じように多細胞からなり、神経、骨格筋、脂肪など、人の健康を考える上で重要な臓器が揃っています。マウスやショウジョウバエと同じく、生存率や寿命のスパンも人間と同じパターンになることがわかっています。さらに、線虫では寿命を制御する因子や健康に影響を与える因子が見つかっていて、なにかの薬を投与して、それが線虫の寿命や健康に影響を与えれば、人に対してもなんらかの影響がある可能性が高いんです。<br/><br/>線虫の寿命研究は長くやられているのですが、その研究手法はシャーレの上にいる線虫を毎日1匹ずつつついて、動いているかどうかを測定するというものでした。1つのシャーレには100匹くらいの線虫がおり、手間も時間もかかる作業です。<br/>これをなんとかできないかと考えているときに、いつも細胞の実験で使っているインキュサイト(IncuCyte)という測定機器を使うことを思いつきました。これは、一般に、細胞培養の際に使う装置で、細胞がどのくらい増えていくかを観察するために自動的に一定時間おきの写真を撮影してくれます。この装置に線虫が入ったシャーレを入れ、12時間ごとに写真を撮影するんです。線虫はよく動く動物なので生きていれば同じ場所にはいません。撮影した写真を重ねていけば、線虫が同じ場所にいるか、いないかを確認するだけで、生きているか死んでいるかがわかります。<br/><br/>◆:寿命だけでなく、健康寿命もわかるようになったんですよね。<br/><br/>首藤先生:写真を観察していて気づいたんですが、線虫の中に、頭と尻尾の部分だけが重ならないけれど、体の大部分が重なっているものがいて、その線虫を観察していくとその後必ず死ぬんです。つまり、線虫には元気に動いている時期といわゆる寝たきりの状態になる時期があって死ぬという3段階があるんじゃないかな、と。しかも、画像を比較する手法でそれが判別できるということがわかりました。<br/>動きが悪くなった線虫を追いかければ、1匹ごとの線虫について動かなくなるまでにどのくらいかかって、その後どのくらいで死ぬのかがわかります。これは、線虫の健康寿命と不健康期間(生きているけど、活動的に動けない期間)が測定できるようになったということです。<br/><br/>この観察結果を基に、個体ごとの線虫の状況を統計的に分析しました。すると「健康寿命が長くて不健康期間が短い」「平均的」「不健康寿命が明らかに長い」「不健康期間は短いけど寿命も短い」という4つのグループに分けられることもわかりました。このような分類は、人間にも当てはまりますよね。個体レベルで解析すると人間も線虫も同じような健康寿命のパターンがある、ということがわかったんです。<br/><br/><br/><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/kumadai_now_file_2020/syutou_file/image02.jpg/@@images/6ddbcb27-1b95-407e-9025-c3b82f8d3802.jpeg" title="image02.jpg" alt="image02.jpg" class="image-inline"/><br/>&#13; <p/>&#13; <p/>&#13; <h2>人間の健康状態を線虫で評価したい</h2>&#13; </div>&#13; ◆:線虫も人間も同じなんですね!</div>&#13; <p><br/>首藤先生:もう一つ面白いこともわかりました。人間は食べるものが変わると、健康状態が変わります。というのは健康を左右する大きな要素である、腸内細菌に影響するのが食べ物だから。大切なのは腸内細菌の多様性で、多様性が減ることでこんな病気になる、ということもわかってきています。例えばいつも同じ弁当ばかりを食べていたら、その弁当が好きな細菌だけが増えて???結果として、腸内細菌の多様性が失われてしまいます。<br/><br/>線虫にも腸内細菌がいると言われていて、人間と同じように、どんなものを食べるかで4つのグループの割合が変わることがわかったんです。<br/>例えば健康寿命を伸ばすことがわかっている薬を線虫に投与すると、健康集団が劇的に増加して、不健康集団が減少します。つまり、線虫を使って実験すれば、薬や健康食品について、集団レベルでの健康寿命に与える効果を評価することが可能になるんです。<br/><br/>将来的には、この技術を応用して、ヒトの健康寿命を評価することができないか、と考えています。個人の健康寿命ポテンシャルを線虫に評価させる、というようなことです。このようなことができるようになれば、薬や健康食品を販売?購入する側にメリットがあるだけでなく、多くの人々の健康の意識づけに繋がり、健康社会を浸透させることに寄与できるのではないかと思うんです。</p>&#13; <div/>&#13; <div><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/kumadai_now_file_2020/syutou_file/image03.jpg/@@images/6822aaa0-0946-4516-89c1-f2efc44ac641.jpeg" title="image03.jpg" alt="image03.jpg" class="image-inline"/></div>&#13; <div/>&#13; <div/>&#13; <div><br/>&#13; <div><br/>&#13; <h2>健康への興味とアート思考から生まれる「自分にしかできない」アイデア</h2>&#13; ◆:将来が楽しみですね。このような発想はどこから生まれたのでしょうか。<br/><br/>首藤先生:実は、私、若い頃からいろんな病気をしてきました。20代で痛風になったり、肝臓や脾臓が腫れていると言われたり。これだけいろいろ経験すると、いつまでも健康を過信してはいけない、ということを考えるわけです。<br/>そんな健康への興味に加えて、世の中の人々が「寿命」を平均寿命だけで語っているのを見て、疑問に思ったんです。本当に大切なのは、平均寿命ではなく、寿命の質(健康寿命の質)なのにな、と。人生100年時代と言われますが、みんなが健康に80歳を迎えられるわけではない。60歳で動けなくなって入院してしまえば、人生設計は大きく変わってしまいます。大事なのは健康寿命を伸ばすこと、どうしたら健康でいられるかを考えるきっかけとして、健康を解析する手段がないかな、と思うようになったんです。<br/><br/>でも今回のやり方は、誰でも考えつくものではなかっただろうとも思います。ここで出てくるのが「アート思考」と言われる考え方です。ここでいうアートは、ただ美しいものを生み出すということではありません。特に近現代のアートに求められているのは、自分なりの視点やゴールを設定して、そこに向かって作品を作るということ。アートを周辺において、ものの本質を見極めて、自分なりの視点や感性を養っていくという考え方が重要です。<br/><br/>私は、長年、甲斐広文先生(本学大学院生命科学研究部(薬学系)教授)に師事し、様々な研究テーマ(肺疾患、腎疾患、神経疾患、薬理学、物理刺激、天然物など)に携わってくることができました。その際、常に意識したのは、ユニークさ(オリジナリティ)とは何か、ということです。今回の研究も、自分らしい、なにか面白いことができないかと考え、周囲にあるいろいろな”点”と”点”をつなげた結果だと思っています。世の中にたくさん落ちている”点”に気づき、つなげられないかと考えてやってみる。そこに、その人ならではの力や考え方が関わってくるんだと思います。そのような考えに、同調して一緒に頑張ってくれる大学生?大学院生に感謝ですね。<br/><br/><img src="/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/kumadai_now_file_2020/syutou_file/image04.jpg/@@images/7f9533e6-9e94-40fa-b41e-bfa89a745b24.jpeg" title="image04.jpg" alt="image04.jpg" class="image-inline"/><br/><br/><br/><br/>&#13; <p/>&#13; <p/>&#13; <h2>いろいろな方向にアンテナをはって、チャレンジしていこう</h2>&#13; </div>&#13; ◆:学生さんたちにメッセージをお願いします!<br/><br/>首藤先生:私にはこれまでに、いくつかのターニングポイントがあったと思っています。貴重な出会いや出来事をしっかり掴んで、チャレンジできたことが今につながりました。<br/>若いみなさんも、大事な時期にそこに気づけるよう、いろいろな方向にアンテナをはっていてもらいたいと思います。そして、引っかかったものにはチャレンジしていく行動力を持っていることが大事です。これは、大学だけではなく、人生のいろんなところで起きることです。<br/><br/>そして、自分の健康をしっかり考えようということ。健康は日頃私たちが口にする食事や運動?睡眠などの生活習慣によって支えられているんです。驚くかもしれませんが、健康は、ある意味「遺伝する」とも言われています。健康に対する考え方をヘルスリテラシーと言いますが、子供は親のヘルスリテラシーに基づく食生活や生活習慣を送るので、そういう意味で、人の健康は「遺伝する」んです。だからまずは健康でいるために、自分の食べ物や行動について考えてもらいたいんです。<br/><br/>そうすれば、健康寿命は伸びていくはず。働ける期間が80歳までになれば、短いスパンで仕事を変えてみたり、新しいことにチャレンジしてみようという気持ちも生まれます。そんな生き方になれば、人生はもっと豊かに、楽しくなると思いますよ。しかも、高齢化社会の問題解決にも貢献できる!よいことばかりです。私もまだ40代前半。人生半分にも辿り着いていない。あと40年も働けるぞ、という思いで頑張っています。</div>&#13; <div/>&#13; <div/>&#13; <p><br/><br/></p>&#13; <div>※ 研究内容をより詳しくお知りになりたい方は下記をご覧ください。</div>&#13; <div><span style="color: #201f1e; font-family: 'Yu Gothic UI', 'Meiryo UI', Meiryo, 'MS Pgothic', Osaka, 'Segoe UI', -apple-system, BlinkMacSystemFont, Roboto, 'Helvetica Neue', sans-serif; font-size: 14.6667px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;">>線虫を使った健康寿命のミニ集団解析―健康寿命を延伸する物質や遺伝子の探索を可能に―(熊本大学プレスリリース)</span><br style="color: #201f1e; font-family: 'Yu Gothic UI', 'Meiryo UI', Meiryo, 'MS Pgothic', Osaka, 'Segoe UI', -apple-system, BlinkMacSystemFont, Roboto, 'Helvetica Neue', sans-serif; font-size: 14.6667px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;"/><a href="/whatsnew/seimei/20210104" target="_blank" rel="noopener noreferrer" style="margin: 0px; padding: 0px; border: 0px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-variant-numeric: inherit; font-variant-east-asian: inherit; font-weight: 400; font-stretch: inherit; font-size: 14.6667px; line-height: inherit; font-family: 'Yu Gothic UI', 'Meiryo UI', Meiryo, 'MS Pgothic', Osaka, 'Segoe UI', -apple-system, BlinkMacSystemFont, Roboto, 'Helvetica Neue', sans-serif; vertical-align: baseline; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff;"> /whatsnew/seimei/20210104</a><br style="color: #201f1e; font-family: 'Yu Gothic UI', 'Meiryo UI', Meiryo, 'MS Pgothic', Osaka, 'Segoe UI', -apple-system, BlinkMacSystemFont, Roboto, 'Helvetica Neue', sans-serif; font-size: 14.6667px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;"/><span style="color: #201f1e; font-family: 'Yu Gothic UI', 'Meiryo UI', Meiryo, 'MS Pgothic', Osaka, 'Segoe UI', -apple-system, BlinkMacSystemFont, Roboto, 'Helvetica Neue', sans-serif; font-size: 14.6667px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;">>「物質が持つ個体の”健康寿命”への影響を短期間で調べる技術」(新技術説明会、youtube channel)</span><br style="color: #201f1e; font-family: 'Yu Gothic UI', 'Meiryo UI', Meiryo, 'MS Pgothic', Osaka, 'Segoe UI', -apple-system, BlinkMacSystemFont, Roboto, 'Helvetica Neue', sans-serif; font-size: 14.6667px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial;"/><a href="https://www.youtube.com/watch?v=6nYvF0yRi7A" target="_blank" rel="noopener noreferrer" style="margin: 0px; padding: 0px; border: 0px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-variant-numeric: inherit; font-variant-east-asian: inherit; font-weight: 400; font-stretch: inherit; font-size: 14.6667px; line-height: inherit; font-family: 'Yu Gothic UI', 'Meiryo UI', Meiryo, 'MS Pgothic', Osaka, 'Segoe UI', -apple-system, BlinkMacSystemFont, Roboto, 'Helvetica Neue', sans-serif; vertical-align: baseline; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff;"> https://www.youtube.com/watch?v=6nYvF0yRi7A</a><br/><br/>(2021年2月18日掲載)<br/>&#13; <div><br/>&#13; <p style="text-align: right;"/>&#13; </div>&#13; </div>]]> No publisher 研究 ページ 令和2年度「グローバル教育の推進に係るFD研修」開催のご案内_大赢家比分即时比 /kokusaikouryuu/whatsnew/20210218 <![CDATA[<p> 本学では平成22年度から、母国語を英語としない教員を対象とした「グローバル教育の推進に係るFD研修」を国内外で開催しております。 </p>&#13; <p> このたび、「スーパーグローバル大学創成支援事業」の一環として、教員の英語による教授力を向上させることを目的とするファカルティ?ディベロップメント(FD)研修を実施することとなりました。ついては、標記研修を下記のとおり実施しますのでお知らせします。</p>&#13; <p> <span style="font-size: 11pt;">ついては、本研修への参加を希望する場合は、下記方法により3月2日(火)12時までにお申込み願います。</span></p>&#13; <p> </p>&#13; <p> (1) 形  式: 講義形式(60分)</p>&#13; <p> (2) テ ー マ:? 「COIL型教育事例紹介」<br/>             ~How to COIL (Collaborative Online International Learning)~</p>&#13; <p style="padding-left: 150px;">コロナ禍で実際に人が移動する留学が困難な中、すでにCOIL型教育としてオンラインにて国際共同教育を行っておられる2名の教員に取組事例を紹介いただきます。</p>&#13; <p> (3) 実施日程: 令和3年3月9日(火) 14:00~15:00(予定) </p>&#13; <p> (4) 会  場: 熊本大学 黒髪北キャンパス 大学教育統括管理運営機構附属多言語文化総合教育棟<br/>           (下記キャンパスマップの31の建物)<br/>            <span><a href="http://www.kumamoto-u.ac.jp/campusjouhou/kurokamikitaku" target="_blank" rel="noopener noreferrer">http://www.kumamoto-u.ac.jp/campusjouhou/kurokamikitaku</a></span></p>&#13; <p style="padding-left: 150px;"><span>※ただし、大赢家比分即时比感染防止の観点から、希望される方先着20名を上限とし、それ以外の方はZOOMによるオンライン参加となります。</span></p>&#13; <p><span><span><span><span> (5) 講  師: 大学教育統括管理運営機構<br/><span><span><span><span>           教授 Armando T. Quitain(アルマンド ティビギン キタイン)<br/>           講師 Lander B. Sims(ランダー ブライアント シムズ)</span></span></span></span></span></span></span></span></p>&#13; <p><span> (6) 参 加 費 : 無料</span></p>&#13; <p><span> (7) 参加方法: 下記Googleフォームにてお申込みください。<br/><span><span>           申し込み時に記載いただいた電子メールあてにZOOM ID/PWを送付いたします。<br/>           <a href="https://forms.gle/DkcefWsHWCk99P6T7" target="_blank" rel="noopener noreferrer">https://forms.gle/DkcefWsHWCk99P6T</a></span></span></span></p>&#13; <p style="text-align: center;"><span><span><span><img src="/kokusaikouryuu/whatsnew-file/flyivv" style="margin-right: auto; margin-left: auto; display: block;" title="&#x2606;R2&#x718A;&#x5927;FD.jpg" height="362" width="265" alt="&#x2606;R2&#x718A;&#x5927;FD.jpg" class="image-inline"/><span><span><span><a href="/kokusaikouryuu/whatsnew-file/8vlep8" target="_blank" rel="noopener noreferrer">[flyer]</a>           </span></span></span></span></span></span></p>]]> No publisher その他 イベント 志願状況_大赢家比分即时比 /nyuushi/gakubunyushi/shiganjokyo <![CDATA[<h2>令和3年度(2021年度)入試</h2>&#13; <ul>&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/r3ippan_kakutei.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">令和3年度一般選抜志願状況(最終確定)</a><br/><strong>志願状況掲載スケジュール[予定]</strong><br/>?1月29日(金)14時頃<br/>?2月2日(火)14時頃<br/>?2月4日(木)14時頃<br/>?2月5日(金)16時頃<br/>?2月17日(水)14時頃 志願者最終確定</li>&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/r3suisen2shiganjokyo.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">令和3年度学校推薦型選抜Ⅱ志願状況(最終確定)</a>(令和3年1月26日掲載)</li>&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/r3suisen1shiganjyokyo.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">令和3年度学校推薦型選抜Ⅰ志願状況(最終確定)</a>(令和2年11月16日掲載)</li>&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/R3glcsiganjyoukyou.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">令和3年度総合型選抜(グローバルリーダーコース入試)志願状況(最終確定)</a>(令和2年9月23日掲載)</li>&#13; </ul>&#13; <h2>令和2年度(2020年度)入試</h2>&#13; <ul style="list-style-type: disc;">&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/r2ippan_0213_kakutei.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">令和2年度一般入試志願状況(令和2年2月13日掲載)</a><br/><strong>志願状況掲載スケジュール[予定]</strong><br/>?1月31日(金)14時頃<br/>?2月3日(月)14時頃<br/>?2月4日(火)14時頃<br/>?2月5日(水)16時頃<br/>?2月13日(木)14時頃 志願者最終確定</li>&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/r2suisennyuushi2shigan2.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">令和2年度推薦入試Ⅱ志願状況(最終確定)</a>(令和2年1月27日掲載)</li>&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/r2suisennyushi1shiganjyokyo.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">令和2年度推薦入試Ⅰ志願状況(最終確定)</a>(令和元年11月8日掲載)</li>&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/R2glcsiganjyoukyou.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">令和2年度アドミッション?オフィス入試(グローバルリーダーコース)志願状況(最終確定)</a> (令和元年9月13日掲載)</li>&#13; </ul>&#13; <p/>&#13; <p/>&#13; <h2>平成31年度(2019年度)入試</h2>&#13; <ul style="list-style-type: disc;">&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/h31ippan02014.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">平成31年度一般入試志願状況(最終確定)</a></li>&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/31suisennyushi2shigan.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">平成31年度推薦入試Ⅱ志願状況(最終確定)</a></li>&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/h31suisennyushi1.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">平成31年度推薦入試Ⅰ志願状況(最終確定)</a> <em><span class="fontcolor1"/></em><span class="fontcolor1"/></li>&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/H31glcsiganjyoukyou.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">平成31年度アドミッション?オフィス入試(グローバルリーダーコース)志願状況(最終確定)</a><span class="fontcolor1"><br/><br/></span></li>&#13; </ul>&#13; <h2>平成30年度(2018年度)入試</h2>&#13; <ul>&#13; <li><a href="../../../resolveuid/7e8e0be26832ac31b2b85fcf30f92e71" target="_blank" rel="noopener noreferrer">平成30年度一般入試志願状況(最終確定)</a></li>&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/h30glcsigansya_kakutei.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">平成30年度アドミッション?オフィス入試(グローバルリーダーコース)志願状況</a></li>&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/h30suisennyushi1.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">平成30年度推薦入試Ⅰ志願状況</a></li>&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/30suisennyushi2.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">平成30年度推薦入試Ⅱ志願状況</a></li>&#13; </ul>&#13; <h2>平成29年度(2017年度)入試</h2>&#13; <ul style="list-style-type: disc;">&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/h29ippan0209.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">平成29年度一般入試志願状況(最終確定)</a></li>&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/h29glcshigansya.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">平成29年度アドミッション?オフィス入試(グローバルリーダーコース)志願状況</a></li>&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/h29suisen1jyokyo.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">平成29年度推薦入試Ⅰ志願状況</a></li>&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/h29suisen2shiganjyoukyou.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">平成29年度推薦入試Ⅱ志願状況</a></li>&#13; </ul>&#13; <h2>平成28年度(2016年度)入試</h2>&#13; <ul style="list-style-type: disc;">&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/212h28ippan.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">平成28年度一般入試志願状況(最終確定)</a></li>&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/h28suisensiganjyoukyou.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">平成28年度推薦入試Ⅰ志願状況</a></li>&#13; <li><a href="/nyuushi/gakubunyushi/index_file/h28suisen2shiganjyoukyou.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">平成28年度推薦入試Ⅱ志願状況</a></li>&#13; </ul>&#13; <div class="e-responsive-table"/>&#13; <div class="e-responsive-table"/>&#13; <div class="e-responsive-table"/>&#13; <address><strong> お問い合わせ </strong> <br/> <a href="/../../../form/28"> 学生支援部 入試課 </a> <br/> 096-342-2146</address>&#13; <p/>]]> No publisher 入試 ページ 入学手続きについて_大赢家比分即时比 /nyuushi/whatnew/oshirase/admission-kumamoto.u <![CDATA[<h2>入学ガイドブック</h2>&#13; <p><span style="text-decoration: underline;"><strong>本ガイドブックを熟読の上、「インターネット入学手続システム」で入学手続きを行ってください。</strong></span></p>&#13; <p><strong>【令和3年2月5日更新】</strong><span style="text-decoration: underline;"><br/></span> 大学院版について、2月15日(月)以降に進学者選考での合格者及び国費留学生向けの記載を追加した<br/> 更新版を公開します。該当者はご留意ください。<strong>【令和3年2月8日更新版を公開しました】</strong><span style="text-decoration: underline;"><br/><br/></span><strong>【令和3年2月8日更新】</strong><span style="text-decoration: underline;"><br/></span><strong> </strong>入学ガイドブック(大学院版)を更新しました。<br/> ?<strong>入学試験の進学者選考に合格し、<span style="text-decoration: underline;">修士課程(博士前期課程)から博士課程(博士後期課程)に進学する方は、入学ガイドブッ<br/></span>  <span style="text-decoration: underline;">ク(大学院版)11ページの赤字箇所にご留意</span></strong><span style="text-decoration: underline;"><strong>ください。</strong></span><br/> ?<span style="text-decoration: underline;">本学からの通知文に<strong><span class="fontcolor1">インターネット入学手続の期間を「3月5日(金)~3月15日(月)」と記載している大学院合格者の方</span></strong></span><span style="text-decoration: underline;">は、<br/></span><strong><span class="fontcolor1">  </span></strong><span style="text-decoration: underline;"><strong><span class="fontcolor1">インターネット入学手続期間が</span><span class="fontcolor1">「2月15日(月)~3月15日(月)」に変更となっています。</span></strong>ご留意ください。<br/><br/></span><strong>【令和3年2月15日更新】<br/></strong> <strong>入学ガイドブック(大学院英語版)を公開しました。</strong><span style="text-decoration: underline;"><br/></span></p>&#13; <p><span style="text-decoration: underline;"><br/></span>???<a href="/nyuushi/whatnew/oshirase-file/r3nyugakuguidebookgakubu.jpg" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><img src="/nyuushi/whatnew/oshirase-file/r3nyugakuguidebookgazou-1.jpg/@@images/f653d82b-ab66-4f21-a262-ea47cf966bf7.jpeg" title="&#x4EE4;&#x548C;3&#x5E74;&#x5EA6;&#x30A4;&#x30F3;&#x30BF;&#x30FC;&#x30CD;&#x30C3;&#x30C8;&#x5165;&#x5B66;&#x624B;&#x7D9A;&#x30B7;&#x30B9;&#x30C6;&#x30E0;(&#x5B66;&#x90E8;&#x7248;)&#x753B;&#x50CF;" height="276" width="225" alt="&#x4EE4;&#x548C;3&#x5E74;&#x5EA6;&#x30A4;&#x30F3;&#x30BF;&#x30FC;&#x30CD;&#x30C3;&#x30C8;&#x5165;&#x5B66;&#x624B;&#x7D9A;&#x30B7;&#x30B9;&#x30C6;&#x30E0;(&#x5B66;&#x90E8;&#x7248;)&#x753B;&#x50CF;" class="image-inline"/></a>????<a href="/nyuushi/whatnew/oshirase-file/r3nyugakuguidebookdaigakuinkou" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><span style="text-decoration: underline;"><img src="/nyuushi/whatnew/oshirase-file/r3nyugakuguidebookdaigakuingazou.jpg/@@images/40c129b7-1ad8-49ed-898e-72e5aebce4ab.jpeg" title="&#x4EE4;&#x548C;3&#x5E74;&#x5EA6;&#x30A4;&#x30F3;&#x30BF;&#x30FC;&#x30CD;&#x30C3;&#x30C8;&#x5165;&#x5B66;&#x624B;&#x7D9A;&#x30B7;&#x30B9;&#x30C6;&#x30E0;&#xFF08;&#x5927;&#x5B66;&#x9662;&#x7248;&#xFF09;&#x753B;&#x50CF;" height="286" width="219" alt="&#x4EE4;&#x548C;3&#x5E74;&#x5EA6;&#x30A4;&#x30F3;&#x30BF;&#x30FC;&#x30CD;&#x30C3;&#x30C8;&#x5165;&#x5B66;&#x624B;&#x7D9A;&#x30B7;&#x30B9;&#x30C6;&#x30E0;&#xFF08;&#x5927;&#x5B66;&#x9662;&#x7248;&#xFF09;&#x753B;&#x50CF;" class="image-inline"/></span></a>?????????<a href="/nyuushi/whatnew/oshirase-file/r3nyugakuguidebookdaigakuine-1.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><img src="/nyuushi/whatnew/oshirase-file/r3nyugakuguidebookenglishgazou.jpg/@@images/8911e9f9-2700-4be7-bef8-bfad89b891ff.jpeg" title="&#x4EE4;&#x548C;3&#x5E74;&#x5EA6;&#x30A4;&#x30F3;&#x30BF;&#x30FC;&#x30CD;&#x30C3;&#x30C8;&#x5165;&#x5B66;&#x624B;&#x7D9A;&#x30B7;&#x30B9;&#x30C6;&#x30E0;(&#x5927;&#x5B66;&#x9662;&#x82F1;&#x8A9E;&#x7248;)&#x753B;&#x50CF;" height="277" width="238" alt="&#x4EE4;&#x548C;3&#x5E74;&#x5EA6;&#x30A4;&#x30F3;&#x30BF;&#x30FC;&#x30CD;&#x30C3;&#x30C8;&#x5165;&#x5B66;&#x624B;&#x7D9A;&#x30B7;&#x30B9;&#x30C6;&#x30E0;(&#x5927;&#x5B66;&#x9662;&#x82F1;&#x8A9E;&#x7248;)&#x753B;&#x50CF;" class="image-inline"/></a>??????????????????????????????<span style="text-decoration: underline;"><br/></span>?????????<a href="/nyuushi/whatnew/oshirase-file/r3nyugakuguidebookgakubu.jpg" target="_blank" rel="noopener noreferrer">入学ガイドブック(学部版)</a>  <a href="/nyuushi/whatnew/oshirase-file/r3nyugakuguidebookdaigakuinkou" target="_blank" rel="noopener noreferrer">入学ガイドブック(大学院版)【2月8日更新】</a> <a href="/nyuushi/whatnew/oshirase-file/r3nyugakuguidebookdaigakuine-1.pdf" target="_blank" rel="noopener noreferrer">入学ガイドブック(大学院英語版)</a></p>&#13; <p><span style="text-decoration: underline;"><strong><a href="/nyuushi/whatnew/oshirase-file/r3mypayment.jpg" target="_blank" rel="noopener noreferrer">※マイペイメントの支払い確認について</a></strong></span></p>&#13; <p/>&#13; <h2>インターネット入学手続システム</h2>&#13; <p>「インターネット入学手続システム」(<a href="https://admission.kumamoto-u.ac.jp/nyugaku" target="_blank" rel="noopener noreferrer">https://admission.kumamoto-u.ac.jp/nyugaku</a>)にアクセスし、入学手続きを行ってください。</p>&#13; <p/>&#13; <p><strong><strong>?<strong><br/></strong></strong></strong></p>&#13; <p/>]]> No publisher 入試 ページ 震災避難者数の推移予測モデルの提案ーインフラ被害や家屋被害に基づくモデリングー_大赢家比分即时比 /whatsnew/sizen/20210215 <![CDATA[<p>【概要説明】</p>&#13; <p> 熊本大学大学院先端科学研究部の岡島寛准教授らは、震災避難者数の推移モデルに関する基礎研究成果を発表しました。</p>&#13; <p>東日本大震災から10年、熊本地震から5年が経とうとしています。地震大国である日本では、地震発生に対する対策だけでなく、震災発生直後の支援活動が重要になってきます。特に重要な課題の一つに避難所を中心とした被災者への支援が挙げられます。震災時には、特定の地域における物流やインフラ環境が激的に変化することから通常の動き(ダイナミクス)とは大幅に異なったものとなり、支援の種類や規模の適切な決定が困難です。例えば物資の支援量が不足すると支援活動が停滞し、反対に多すぎても仕分けやスペース等様々な問題が生じるため、支援規模の適切な決定が重要になってきます。</p>&#13; <p> これに対して地震発生時即座にわかる情報(家屋倒壊数や、電力などのインフラ状況など)を用いて発災以降<span>1</span>カ月程度の避難者推移を正確に見積もることができれば、発生後の避難計画や支援計画に役立ちます。</p>&#13; <p> 本研究では、被災者のうち特に支援が必要になる避難者数の経時的な人数推移を予測するための動的モデルを提案しました。具体的には、様々な地域での地震や様々な状況に対応する目的で、「家屋倒壊」、「インフラの損壊」、「物資需要」、「心的不安」の<span>4</span>要素に分類し、その分類ごとにモデルを細分化して求めています。さらに、避難所内のアンケートで特定可能な避難所避難者と、特定が困難な(車中泊などの)避難所外避難者とを独立したパラメータとして表現し、それらの推移をそれぞれ予測する点にも特徴があります。近年は、<span>AI</span>(人工知能)やビッグデータが様々な分野で活用されていますが、これらは過去に起きた事象の予測(内挿)は得意とするものの、起こっていない事象の予測(外挿)は得意ではありません。本研究は、<span>AI</span>やビッグデータでは読み解けないものが、数理モデル(ダイナミカルモデル)を使えば読み解けるという例の一つになります。</p>&#13; <p> 本研究ではさらに、計算機シミュレーションによる検証を行っております。提案したモデルを用いることで震災直後にわかる情報から避難者数推移の推定を行い、熊本地震での実際の避難者数推移の情報と比較することで、モデルとしてうまく機能することを確認しています。</p>&#13; <p> 本研究成果は、「システム制御情報学会論文誌」に<span>2021</span>年<span>2</span>月<span>15</span>日<span>(</span>月<span>)</span>に掲載されました。</p>&#13; <p>【論文情報】<br/>?論文名:潜在避難者を考慮した大規模災害における避難所避難者数推移の動的モデル<br/>?著者名:岡島寛、甲斐しずく、徳永慎也<br/>?雑誌名:システム制御情報学会論文誌<span>2021</span>年<span>2</span>月号</p>&#13; <p>【詳細】</p>&#13; <p>?<a href="/daigakujouhou/kouhou/pressrelease/2020-file/release210215.pdf">プレスリリース本文</a>(149KB)</p>&#13; <address><strong> お問い合わせ</strong><br/>熊本大学大学院先端科学研究部<br/>担当:准教授 岡島 寛<br/> 電話:096-342-3603<br/> e-mail: okajima※cs.kumamoto-u.ac.jp<br/>(迷惑メール対策のため@を※に置き換えております)</address>]]> No publisher 研究 ページ 令和3年度熊本大学医学部医学科一般選抜(前期日程)における第1段階選抜について_大赢家比分即时比 /nyuushi/whatnew/oshirase/r3igakka-daiiizisenbatsu <![CDATA[<h2>令和3年度熊本大学医学部医学科一般選抜(前期日程)における第1段階選抜について</h2>&#13; <p><strong><strong><strong><span style="text-decoration: underline;">令和3年度熊本大学医学部医学科一般選抜(前期日程)において、第1段階選抜は実施しません。</span><br/></strong></strong></strong></p>]]> No publisher 入試 ページ 大学院先端科学研究部 高島和希教授 最終講義のご案内_大赢家比分即时比 /event/sizen/20210212 <![CDATA[<div class="eventdata">&#13; <p> 本学の教育?研究?運営にご尽力されてきました大学院先端科学研究部 高島和希教授が、本年<span>3</span>月末で定年を迎えられます。</p>&#13; <p> 昨今の情勢に鑑み、下記の要領で最終講義をオンライン形式で開催いたします。</p>&#13; <p> ご多用の時期とは存じますが、ご出席いただければ幸いです。</p>&#13; <p> 参加のご連絡をいただきました皆様には、後日ZOOM情報をご案内しますので、よろしくお願いいたします。</p>&#13; <p><strong><span class="fontL">【最終講義】<br/></span></strong></p>&#13; <div class="e-responsive-table">&#13; <table>&#13; <tbody>&#13; <tr>&#13; <th scope="row">日時</th>&#13; <td>令和3年3月13日(土)15:00~</td>&#13; </tr>&#13; <tr>&#13; <th scope="row">演題</th>&#13; <td>大学での教育?研究を振り返って~回想と今後への思い~<br/><span class="fontcolor1"> </span></td>&#13; </tr>&#13; <tr>&#13; <th scope="row">参加申込</th>&#13; <td>&#13; <p>2月26日(金)までに以下のフォームに入力後、sentan-secretariat@msre.kumamoto-u.ac.jpまでご返信ください。<br/>---------------<br/>高島和希教授 最終講義への参加<br/>ご指名:<br/>ご所属:<br/>--------------ー</p>&#13; </td>&#13; </tr>&#13; <tr>&#13; <th scope="row">お問合せ</th>&#13; <td>&#13; <p>大学院先端科学研究部 物質材料生命工学部門 構造材料物性学分野<br/>峯 洋二<br/>TEL:096-342-3713<br/>E-mail:mine[AT]msre.kumamoto-u.ac.jp<br/> ([AT] を @ に書き換えてご使用ください。)</p>&#13; </td>&#13; </tr>&#13; </tbody>&#13; </table>&#13; </div>&#13; </div>&#13; <p/>]]> No publisher 在学生 卒業生 一般 イベント