令和2年度に修学支援新制度の「給付奨学生」に採用された人の後期 授業料免除申請書の提出について

 令和2年度に「高等教育の修学支援新制度」の「給付奨学生」(支援区分がⅠ、Ⅱ、Ⅲの人)に採用された人は、別途、令和2年度後期分の「大学等における修学支援に関する法律による授業料等減免の対象者の認定に関する申請書」を提出する必要があります

【注】申請書を提出しないと、令和2年度後期分の授業料免除を受けることが出来なくなります。

 下記から申請書をダウンロードして、必要事項を記入のうえ、令和2年8月31日(月)までに学生生活課経済支援担当窓口まで提出してください。

 なお、令和元年度に授業料免除申請を行った学部生で、経過措置により本学独自の授業料免除申請を行う予定の人は、令和2年7月29日(水)~8月4日(火)に実施する大学独自の授業料免除申請期間内に、受付会場に提出してください。

           修学支援新制度の授業料等減免申請書 PDFファイル)

  ※添付書類は不要です。                                           ※申請書の「機構の給付奨学金に関する情報」に、必ず「給付奨学生番号」を記入してください。

お問い合わせ

学生支援部 学生生活課経済支援担当

096-342-2126

gag-syogaku[AT]jimu.kumamoto-u.ac.jp ※ [AT] を @ に書き換えてご使用ください。